直線的なフォルムの金属製のボディに、角ばった大きなペンタプリズム。露出補正やシャッタースピードの設定は、ダイヤルをカチッ、カチッと回しながら行なう昔ながらの方式──。いまや「家電化」しつつあるデジタル一眼レフカメラ市場にあって、こんな“懐かしい”姿のデジカメが爆発的に売れている。

 その名はニコン『Df』。この大ヒット商品を生み出したのは、社内の異才たちが集う“梁山泊(りょうざんぱく)”を束ねる男だった。

「ニコンの存在価値とは何か? そんな『ニコンのDNA』を模索し、維持・向上させるのが、『後藤研究室』に課せられたミッションです」

『Df』の生みの親である後藤哲朗はそう話し始めた。彼の肩書きは、「フェロー」、そして「後藤研究室長」である。

「デジカメ市場は家電メーカーが続々と参入し、競争が激化しました。しかも、電子デバイスや無線通信といった技術は、彼らのほうが我々よりも遥かに先行している。そこで私の研究室では、『ニコンのDNA』を発揮させ、本当のカメラ好き、写真好きを満足させられる、“ニコンらしいデジカメ”を開発しようと考えたのです」

 2009年10月、研究室のあるベテランメカ屋が、後藤のところに1枚のアイデアスケッチを持ってきた。それは、研究室内で重ねられた議論を集約したもの。

 方眼紙にフリーハンドで描かれた3面図だった。それを見た後藤の目は、釘付けになった。そこに描かれていたのは、直線的なデザインに大きなダイヤルを備えた、「写真機」とでも呼びたくなるようなカメラだったのだ。不朽の名機『F』をも彷彿とさせるフォルムは、まさに探し求めていた“ニコンらしいデジカメ”の姿だった
 
 後藤は、このアイデアを実現させることを即決した。

 通常、製品化の際は、「ターゲットユーザー」を想定する。たとえば、「40歳以上の写真愛好家の男性」などといったものだ。ところが後藤の“想定”は、「ユーザーとしてスポーツカメラマンは想定しない」という、型破りなものだった。

 「高速連写でバシバシ撮るカメラではなく、1枚1枚シャッターを切る楽しみが味わえるカメラにしたい、という意思表示でした」

 しかし、これで終わりではなかった。後藤には製品化に際してどうしても譲れないポイントがもう1点あったのだ。

「弊社のデジカメには必ず『Nikon』という文字が入っているのですが、これは会社のロゴと同じ斜体です。でも、直線的なフォルムのカメラには、昔使っていた直立した書体のほうが絶対似合う。だから会社と粘り強く交渉して、『特例』として認めてもらいました」

 その後、東日本大震災、タイの洪水禍など幾多の困難を乗り越え、2013年11月、“ニコンらしいデジカメ”『Df』は発売された。

 後藤のリサーチ通り、「こんなデジカメが欲しかった!」という写真ファンが殺到。生産が追い付かず、発売後4か月を過ぎても店頭では品薄が続いている。

(文中敬称略)

■取材・構成/中沢雄二

※週刊ポスト2014年3月21日号