12日、クアラルンプール発北京行きのマレーシア航空機が消息を絶った事件で、中国国内で同航空の欠航を装い、再予約のための手数料をだまし取る詐欺が拡大している。資料写真。Record China

不明機、当初と異なる航路飛行か

ざっくり言うと

  • 8日、乗員乗客239人を乗せたまま、消息を絶ったマレーシア航空機
  • 同機は、当初の航路と異なる空域を飛行していた可能性があることが分かった
  • 軍のレーダーに、航空機の投影がとらえられていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング