スピードスケートの日本女子チームパシュートは、ソチ五輪の3位決定戦でロシアに敗れ、メダル獲得を逃した。前半で相手を思ったように突き放せず、4周目終了手前で逆転されゴールタイムは3分02秒57。ロシアに2秒84離される完敗だった。

 パシュート担当の羽田雅樹コーチによれば、W杯ランキング6位のロシアの力を3分0秒台と読み、ともにこの日2レース目だったことも考えて、日本チームは目標タイムを3分1秒台にした。だが相手は2分59秒73と予想以上に速かった。

「自分たちは低速リンクでのベストタイムを出せたけど、それでもロシアに勝てなかった。W杯の1500mや3000m(個人)で表彰台に上がれるような力をつけて来られなかったのが、一番大きいと思います」とチームリーダーの田畑真紀は言う。

 日本はオランダ(W杯ランキング1位)と対戦した準決勝では、田畑を温存して調子が上がっていなかった菊池彩花を起用。つまり、準決勝を捨てて3位狙いの戦法を取ったわけだが、それでもロシアに歯が立たなかった。

 五輪初出場だった高木菜那は「ロシアが2分59秒台を出したように、他の国は五輪へ向けてシーズン前半よりどんどんタイムを上げてきている。それに対して日本選手は、シーズン開幕の全日本距離別選手権からタイムが伸びていないという感じで......。シーズン後半に調子を上げていく体力も必要だろうし、いざという時の爆発力も必要だと思う。そういうすべての面で、まだ力が劣っていると実感した」と話す。

 今回のソチ五輪のスピードスケートは、男女12種目中8種目で金メダルを獲得したオランダ旋風が吹き荒れた。個人レースを見れば、男子は500mと5000m、1万m、女子は1500mでメダルを独占。総メダル獲得数も、スピードスケート個人10種目30個のうち、オランダが21個を占める異例の結果だった。

 それに対して日本は、男子500mでの加藤条治の5位と長島圭一郎の6位。女子500m小平奈緒の5位がかろうじて戦えたと言える結果。銀2、銅1を獲得したバンクーバー五輪では個人種目の入賞者が7だったのに比べ、メダル0入賞3という結果に終わってしまった。

 ただし、これは予想外の結果ではなかった。男子500mは強豪がひしめき合う状況で、加藤と長島が金メダル候補であることは確かだったが、同時に、5位、6位になってもおかしくないとも考えられていた。また、女子500mは、優勝した李相花(イ・サンファ/韓国)が抜け出ていた以外、銀メダルと銅メダルを6人ほどで争う状況で、小平にもメダルの可能性は十分あったが、結局ライバルたちの後塵を拝することになった。

 そうしたなか、最大の驚きは、優勝したオランダ選手たちの記録の伸びだった。特に男子500mは海抜0mの低地リンクにもかかわらず、標高1200m強のソルトレークシティー(カナダ)で出た五輪記録の34秒42に迫る、34秒49というタイムが出ていたことだ。
※高地のリンクは気圧が低いため空気抵抗が少なくなり、タイムが速くなる

 ソチでは、加藤は2本目に34秒77を出した。この記録は、長野のエムウエーブ(標高300m)で加藤が出した国内最高記録の34秒64と比較して、標高差を考慮に入れると、いい記録といえる。しかし、オランダ勢はその上をいっていた。

 また今回不振だったのは日本だけではなく、バンクーバーで金1、銀2、銅1を獲っていたアメリカもメダル0であり、金2、銀1、銅1だったカナダもまた、銀1、銅1とメダル数を減らしている。

 これまでは高地の高速リンクで技術を磨く練習方法が世界の主流だったが、今回、オランダのほかヨーロッパ勢は、海抜0mの低速リンクでいかに記録を伸ばすかに取り組んできたのだ。まさにソチ対策の成果ともいえる。

 女子パシュートを終え、日本チームの石幡忠雄監督は「今のままではダメだということをハッキリ感じた」と話した。オランダもかつてはナショナルチームが軸になっていたが、今はクラブチームごとに強化をするようになり、激しい競争状態を作りあげ、そのうえでナショナルチームがある状況だという。

 日本の場合、チームとして機能する実業団チームはまだ少なく、オランダのような競争状態を作り上げるのは困難だ。また、バンクーバー五輪前にショートトラックがナショナルチームのヘッドコーチに韓国人コーチを招聘した例はあるものの、一般的に外国人コーチを招聘することに消極的だ。経済的に難しい部分もあるだろうが、そんなところにも世界から遅れる要因があったといえる。

「日本のスケートのレベルを上げるためにやることはいっぱいあるだろうし、勝つためにもトレーニングや技術を考えていかなければいけないと思う。自分たちのやり方に固執するのではなく、オランダなどの強い国を見てどうしたらいいかをみんなで真剣に考えるべき。これからオランダの独走を許さないように各国がレベルを上げていくだろうから、その進化に後れをとってはいけないと思う」と田畑は言う。

 また小平も「世界は急激に進歩しているので、日本にとどまっていてはダメだと思いました。チャンスがあれば海外にも行ってみたい」と意欲を口にする。

 そんな選手やコーチたちの意識改革とともに、日本スケート連盟も発想を変えたうえでの環境整備や選手層の拡大に努めていかなければいけないだろう。

 前回のバンクーバー五輪の男子長距離で躍進した韓国は、ソチでも男子チームパシュートで銀メダル獲得を果たした。そんな身近な例も参考にし、短距離に頼るだけではなくすべての種目で満遍なく世界と戦えることを目指すことも重要な課題になってくるはずだ。日本スケート連盟には外国人コーチ招聘の意向もあるようだが、それがどうなるかにも注目したい。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi