写真提供:マイナビニュース

写真拡大

3月15日から4月12日にかけて開催される将棋棋戦「第3回将棋電王戦」にデンソーの協賛が決定し、コンピュータソフトの指し手を盤上に再現する"ロボットアーム"を全5局において提供することが発表された。

「第3回将棋電王戦」をサポートする企業は、これでソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)、日産自動車、ローソンに続き4社目。このロボットアームは、デンソーの子会社であるデンソーウェーブがクラス世界一の高速性能と機能美を誇る垂直多関節ロボット「VS-060」をベースに、棋士が安全かつストレスなく真剣勝負を行うことができるよう一部開発・改良を施したもの。駒がずれて置かれていても、アーム先端に装着したカメラが多方向から画像認識し1ミリの誤差もない着手を実現できるほか、駒をコンプレッサーで吸着し移動させるため、隣の駒に触れることがなく、公式棋戦と同じ将棋盤と駒を使用すること、ゆっくり〜早指しまで自由自在に速度を設定することなどが可能となる。

第1回および第2回将棋電王戦をはじめ、これまでのプロ棋士とコンピュータソフトの対局では、ソフトが指示した手を人間が代わりに指していたが、今回の決定により、プロ棋士の向かい側に鎮座し将棋を指す相手は、初めて将棋の対局用に開発されたロボットアームとなる。3社は将棋界初となるロボットアームの採用によって、人間とコンピュータの対局をよりわかりやすく可視化し、また、将棋電王戦を日本の伝統と最先端技術が融合した新たな一大イベントとして展開していくという。

(吉田美奈子)