『闇のあとの光』 ©No Dream Cinema, Mantarraya Productions, Fondo para la producci'on Cinematogr'afica de Calidad (Foprocine-Nexico), Le Pacte, Arte France Cinema

写真拡大

2012年の『カンヌ国際映画祭』で監督賞を受賞したカルロス・レイガダス監督の映画『闇のあとの光』が、5月下旬から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

メキシコ出身のカルロス・レイガダスは、2005年の作品『静かな光』でも『カンヌ国際映画祭』審査員賞を受賞した、ゼロ年代以降のラテンアメリカを代表する映画監督のひとり。長編映画4作目となる『闇のあとの光』は、メキシコのとある村に妻と2人の子どもと平和に暮らすフアンの家に、突然赤く発光する「それ」が訪れたことをきっかけに、村人たちの心の闇があらわになっていくというストーリー。

同作では、禍をもたらす悪魔か、彼らを導く神か、正体のつかない「それ」の存在を通して、「夫婦の性」「依存症」「貧困」「暴力」といった様々な問題を描いているほか、大自然のマジックアワーを捉えた映像美や、全編を通じて使われるビジュアルエフェクトによって実現したラテンアメリカ特有のマジックリアリズム的な世界観も見どころのひとつだ。なお、レイガダスの作品が日本で劇場公開されるのは同作が初となる。