第31回全農日本カーリング選手権が3月2日から(9日まで)軽井沢アイスパークで行なわれた。女子決勝は大会3連覇中の中部電力とソチ五輪で5位入賞と奮闘した北海道銀行が対戦し、中部電力が6−3で快勝。見事4連覇を達成した。

「(軽井沢は)ホームですし、リラックスして戦えた」

 スキップの藤澤五月がそう振り返ったように、中部電力はミスの少ない安定したカーリングを披露。試合の主導権を握って一度もリードを許さず、最後は北海道銀行からギブアップを引き出して勝利した。

 中部電力の4連覇達成には、チーム青森のリードとして2010年バンクーバー五輪に出場し、ソチ五輪開催中はNHKで解説を務めていた石崎琴美氏も賛辞を送った。

「(中部電力は)曲がりにくいアイスに悩まされながらも、その中でうまく適応していました。誰かのスーパーショットで、ということではなく、4人の選手がミスをしないで自分の仕事をきっちりと果たしていた。まさに"チームで決めた"優勝だったと思います」

 石崎氏は同様に、ソチ五輪から帰国後、中4日で大会に臨みながらも準優勝に輝いた北海道銀行についても大いに称えた。

「(ソチから帰国したばかりで)時差ボケもあっただろうし、心身ともに疲労のピークにある中で、(選手権で)11試合も戦い抜いたことは驚異的なこと。特に、チームとしての精神面の強さは相当なものだと思います」

 さて、カーリング界はこの日本選手権を最後にオフシーズンに入るが、今年はその間、各チームで選手、スタッフの入れ替えが大幅に行なわれるのではないか、と見られている。

 というのも、4連覇を果たした中部電力は、結婚報道で騒がれた主将の市川美余が来季の展望や進退については明言していないし、五輪代表の北海道銀行も、苫米地美智子が地元の岩手県で新チームを結成するといった報道があり、新加入メンバーを含めた新体制の行方が流動的だからだ。それぞれ企業を母体としているだけに、この年度末か来年度頭、あるいはJCA(日本カーリング協会)に新シーズンの選手登録を申請する5月までには何らかの発表があるはずと、その動向に注目が集まっている。

 また、江田茜が退部して今大会は4人体制で3位に滑り込んだロコ・ソラーレ北見も、主将の本橋麻里がチーム存続を表明したうえで、「メンバーの変更も考えている」とコメント。日本選手権4位となり、メンバー全員が卒業する札幌国際大の選手をリクルートする可能性もある。

 そんな日本のトップチームの再編成が予想される中、4年後の平昌(ピョンチャン)五輪を目指す、今後の女子カーリング界の争いについて、石崎氏は次のような見解を示した。

「いずれにしても、来季以降は、大幅な選手の入れ替えがなさそうな北海道銀行が本命になると思います。小笠原(歩)選手、船山(弓枝)選手という軸は心強い存在。そのうえで、ソチ五輪で高いところを経験して『ここが足りない』『ここが通用する』という欲が出てきた、吉田(知那美)選手や小野寺(佳歩)選手はさらなる成長が見込めます。中部電力は、現メンバーのまま平昌五輪を目指すのであれば十分に期待できると思います。しかし、他のチームも含めて、イチからチームを作り直すような状況になると、北海道銀行の"一強時代"になる可能性もあります」

 ちょうど4年前、2010年バンクーバー五輪直後の日本選手権が終わると、優勝したチーム青森から、本橋が脱退。新チームのロコ・ソラーレ北見を立ち上げた。それに続いて、現役復帰を果たした小笠原と船山が北海道銀行フォルティウスを結成した。さらに、日本選手権2位の常呂高のメンバーは全員が札幌国際大に進学して地力強化を図り、2009年に創部した中部電力も日本選手権3位となってメキメキと力をつけてきていた。以来、女子カーリング界は戦国時代に突入し、高いレベルにあるチームが切磋琢磨して日本カーリング界のレベルアップに貢献。今回のソチ五輪5位という過去最高成績につながった。

 はたして、来季から女子カーリング界は新たな戦国時代に突入するのか。そしてそれが、4年後の平昌五輪で「メダル獲得」というカーリング界の悲願につながるのか。まずは、各チームの再編成の行方を見守りたい。

竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro