©2014映画『一分間だけ』

写真拡大

原田マハ原作による日本・台湾の合作映画『一分間だけ』が、5月31日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、原田の原作小説の舞台を台湾に変えて、働く女性と愛犬の物語を描いた作品。主人公のファッション雑誌編集者・ワンチェンが、仕事に夢中になる日々の中で大切なものを見失っていき、やがて恋人が去り、恋人と一緒に育てたゴールデンレトリバーのリラが病に冒されていく中で悩み葛藤していく姿が描かれる。

ワンチェン役にはチャン・チュンニン、ワンチェンを支える恋人役をピーター・ホーが演じるほか、日本からは池端レイナがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、テレビドラマ『秋のコンチェルト』で知られるチェン・フイリン。『一分間だけ』は同監督にとって映画初監督作品となる。また、日本上映版の主題歌は住岡梨奈“一分間だけ”になることも発表されている。