11日放送の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)で、タモリの知られざるプライベートが明かされた。

同番組の火曜日コーナー「公開!ささやかな最高機密」は、番組レギュラー陣が誰にも見せたことのない最高機密レベルの小さなプライベートを公開するというもので、今回のテーマは「今まで聞けませんでした!タモリさん、あれ何ですか?」であった。

これまで、タモリに訊きたいけど訊けなかったこととして、「リハ終わりには必ずトイレにいくのはなぜ?」「本番中に着替えているのはなぜ?」などレギュラー陣が次々と質問していき、ひとつずつにタモリが答え、裏話やネタバラシ的なトークで盛り上がったが、最後の質問者となった中居正広が「淋しい時ありますか?」という一風変わった質問を投げかけた。

ほかの出演者からも「どうしたんだ?」と突っ込まれるほどこれまでの流れを一気に変えてしまう質問に、タモリは少し間を置いてから「淋しい時があるかって(質問に)答えるなら、全部淋しいんじゃないの?」と意味深な返答。

さらにタモリは「ベースは全部淋しいと思うよ。だから淋しく思うのは当たり前と…思う…けども……。淋しくないと思うのは異常じゃないですか?」と、予想外の「マジ回答」にスタジオはどよめいた。

中居は、思わぬタモリの返答にやや困惑した表情を見せながらも「今日なんか一人で呑んでいて淋しいなぁとか、そういう風に感傷的になることってないんですか?」と問うと、タモリはすぐさま「あるあるあるある。散歩を一人でしていると、言い知れぬ淋しさが襲ってくる。なんか世の中全部が嫌になるような感じがしてくるの」と、普段の何気ないシチュエーションで淋しさを感じるという回答に、レギュラー陣や客席から「えー!」という声があがった。

タモリは続けて「だからね、俺すごい考えたんだけど、やっぱりベースはみんなそれ(淋しいん)じゃないの? だから必死になって仕事したりさ、友達を作ってみたり、恋愛してみたりしてんじゃないの? ほんとはそういうこと全部やめて、淋しさと対決しなきゃいけない」と、最後は謎の戦うポーズで笑いを誘っていたが、哲学的な「名言」とも言える内容に出演者からは「なるほどね」と納得する声もあがっていた。

そのあと、中居から「泣くことあります?」という質問に対してタモリは「世の中に対して凄い偏見を持って、世の中を否定してるんだけれども、意外なところでコロッと泣くことがあるんだよ」と話し、映画「E.T.」で「ものすごい泣いた」と力を入れて語った。

【関連記事】
「カレーは引き算の美学」 タモリが手作りカレーを振る舞う「伝説のイベント」に参加した過去を明かす
SMAP中居正広が憧れる笑福亭鶴瓶の番組作り
タモリら芸能界大御所も参加する「福岡会」の模様を芸人がTwitterで報告