福島県産 「ためらう」依然15%

ざっくり言うと

  • 原発事故後、福島県産の食品を買うのをためらう人が15%いることが判明
  • 1年前より減ったものの、依然として買い控えがあることが分かる
  • 森消費者相は「震災への関心自体が薄れてきたのではないか」という懸念も示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング