パナソニックが笑う。トップリーグに続いて日本選手権も制し、『二冠』達成である。実は試合直前、ロッカー室から、控え選手の"花道"を通って出てくる際、選手の顔には笑みがあった。

 自信か信頼か。試合後、WTB山田章仁が言う。現在の国立競技場では最後の日本選手権。「素晴らしいスタジアムと雰囲気。それに見合うような試合をしっかりやろうと話し合っていた。相手の強さを体感しながら、試合を非常に楽しめました」と。

 二冠を支えたのは、個々の「ストレングス&フィットネス」と意識の高さ、状況判断である。ストレングスとは実践的な体の強さとパワーを指す。豪州代表51キャップのSOベリック・バーンズは別格として、その象徴が山田であり、SH田中史朗であり、ナンバー8のホラニ龍コリニアシであった。いわばジャパン期待の『3本の矢』である。

 9日の日本選手権決勝。レベルの高い接戦も、3つのプレーが勝利(30−21)をたぐり寄せた。前半30分。パナソニックはFW突進でラックをつくり、SH田中が近場でひょいと出てディフェンスの出足を止め、SOバーンズから、WTB山田にボールがわたる。相手FBのタックルをかわし、左から中央に駆けこんだ。

「いい球がきたので、僕は走っただけです」と山田が端正な顔を崩す。そうは言っても、決める時に決めるのは「いいWTB」の条件だ。相変わらず華がある。ボールを持たない時のポジショニングがうまくなった。

「相手との間合いもいい感じだった。相手のディフェンスの角度と守っている感じ、外のスペースから考えて、もらって外に走れば振り切れると思っていました」

 昨季は、アメリカンフットボールとの「二刀流」で話題になったが、今季はラグビーに専念した。体重を数キロ増の88キロとして、ストレングスをアップした。課題だったディフェンスも改善され、安定感が増した。体を張ってタックルにいけるようになった。

 昨秋の日本代表の欧州遠征でようやく初キャップ(代表戦出場)も獲得し、自信も膨らんだ。「体が大きくなるというか、しっかり使えるようになってきた。相手にあたりにいけるようになった。間合いとか、自分がコントロールできるようになりました」。短髪の28歳はひと皮向けたのだ。

 2つ目のポイントのプレーが、後半21分のJP・ピーターセンのトライのきっかけとなったナンバー8ホラニの猛ダッシュである。この日のホラニのタックルは凄まじかった。ラックサイドからロック劉永男と一緒にがばっと出て、東芝のSH小川高廣に圧力をかける。劉が小川のキックをチャージ。ホラニが拾って突進し、劉につないでラック。そこから出たボールを、SOバーンズが左足でオープンに絶妙なキックを蹴り、ピーターセンのトライにつながった。

 ホラニは言う。「向こうのブレイクダウン(タックル後のボール処理)は強かった。でも最初に倒してしまえば、うちのペースになる。ファーストタックルが勝負だった」と。タテにタテに切ってくる東芝のFWの下に入って潰していった。

 とくに後半23分に東芝のマイケル・リーチの猛突進からトライを奪われたあと、崩れそうになりながらも、パナソニックディフェンスは踏みとどまった。それが今季のパナソニックの強さだった。その先頭に立ったのがホラニだったのだ。

 3つ目のポイントのプレーが、SH田中のタックルだった。後半30分過ぎ。中盤の相手ボールのスクラム。FWが重圧をかけ、相手SHの小川がボールを持った瞬間、田中は早い仕掛けで小川をつぶした。相手の反則を誘い、ダメ押しのPGとなった。これぞ「ビッグ・プレー」だった。

 小柄な田中の体は闘志の塊(かたまり)か。そのタフさには驚かされる。スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)に参戦中ながら、またも今回の日本選手権決勝直前に緊急帰国(主将の堀江翔太=豪州レベルズ=は試合のため帰国せず)。さすがに疲労がプレーに出るのではと心配したが、なんの、なんの、獅子奮迅の働きでチームを勢いづけた。

 終盤右肩を痛めたが、「大丈夫です」と、田中は笑顔を振りまいた。試合直後、ダウンベストの私服に着替えての表彰式参加、急ぎ足で車に乗り込み成田空港に向かった。「(相手SHへのタックルは)いつも意識していることです。ディフェンスからチャンスをつくるのは、パナソニックの伝統ですから。サイコーです」

 チャンピオンの使命は、日本ラグビーをリードすることである。ならば、この「3本の矢」と堀江たちは、日本代表をレベルアップさせなければならない。

「ジャパン・ウェイ(日本らしさ)」を追求するエディー・ジョーンズヘッドコーチ率いる日本代表が加えたいスタイルこそ、パナソニックの「リアクション&カウンターラグビー」だろう。攻守のバランスがとれた『堅守速攻』のスタイル、すなわち「切り返し」。高速展開の「アタッキング・ラグビー」を重視しながら、時にはパナソニックのごとく、守りから鋭く逆襲するのである。

 また、成長途上の山田は、ジャパン定着を図るためには、もっとタックルを強くする必要がある。「まだ日本代表ではリザーブのリザーブですから」と笑いながら、目は笑っていない。ジャパンへの覚悟が見えた。「一回、リセットして、代表では、代表のラグビーと自分のキャラクターを生かして、グラウンドでアピールしたいなと思います」

 32歳のホラニはこうだ。「ジャパンでも、自分がチャンスをつくれればいいかなと思います。アタックでも、ディフェンスでも自分が引っ張っていきたい」。29歳の田中は車に乗り込みながら、こんな言葉を残した。「これで日本のラグビーがさらに発展できたらいいなと感じます」と。

 二冠の責任感と覚悟、昂(たかぶ)り。さあ次はジャパンである。

松瀬 学●取材・文 text by Matsuse Manabu