被災地への思いも胸にアメリカで戦い続ける(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

 東日本大震災から3年を迎えたこの日、石川遼が公式ホームページを更新し被災地への現在の思いを語った。
写真で見る 被災地を訪問して炊き出しに参加する石川遼
 石川は「東日本大震災から3年が経ちました。」と切り出すと、「ひとりひとりにできることをゆっくりやっていく姿勢が大切な気がします。なにかすぐにできることはないか、
よりも被災地のことを思う気持ちを持ち続けることで、何か支えになることが見えてくるのではないかと思います。」とコメント。
 続けて「また東日本大震災から学ぶべきことを、学ぶということも今の我々にできることです。ひとりひとりができることから。です。」とつづった。石川は11年から被災地を毎年訪れて、地元の子供たちと交流を持っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】待ち焦がれる多忙な日
海外挑戦の足かせに?国内男子ツアー義務試合数改定…これって改良?改悪?