トイレットペーパー、アプリ、ボールペン……無料より有料の方がいいモノ教えて!

写真拡大

花粉症の筆者は、街かどで配っているティッシュをよく受けとります。でも、値段が高めの「花粉症用ティッシュ」を買って使うと、鼻が痛くならず、その品質に驚きます。「タダでもらえたモノ」と比べると、「やっぱり有料のモノは違うなぁ」と感じたことはありますか? 読者の皆さんにアンケート調査で聞きました。

■トイレットペーパー。おしりが痛くならない

最も多く寄せられたのは、筆者も注目の「ティッシュペーパー」(66人、11.2%)でした。有料のモノには、
「鼻をかんだときの柔らかさがまるで違う」(39歳/女性)
「広告部分が気にならないし、水に流せる」(22歳/女性)
「冬は高級ティッシュの柔らかさに救われます」(31歳/女性)
と続きます。

ほかにも、紙製品のクオリティーの差は大きいようです。
「パルプ100%のトイレットペーパー。おしりが痛くならない」(52歳/男性)
「ウエットティッシュ。お弁当に付属のものは、極度に小さいかペラペラだが、買えば分厚さや使い心地が違う」(31歳/女性)

ホテルなど宿泊施設にあるアメニティグッズも比較の対象に。
「歯磨き粉。泡立ちが違う」(42歳/男性)
「歯ブラシ。無料のものだと毛先がすぐに乱れる」(22歳/男性)
「シャワーキャップ。材質がしっかりしていて、フィット感が良いなと思った」(30歳/女性)
「ばんそうこう。貼り心地が違う」(34歳/男性)
これらは宿泊料に含まれているため、実質的には有料です。それだけに、高品質を期待したいところです。

アプリやパソコンソフトについては、
「ゲームのモンスター。課金して手に入れたモンスターは強い」(24歳/男性)
「データ復元ツール。フリー版はファイルを1つずつ指定していかないといけないが、有料は一括で復元できた」(30歳/女性)
「ウイルスソフト。まめな更新や、情報提供量が圧倒的に違う」(34歳/男性)
「新聞の電子版。やはり閲覧できる情報量がまったく違う」(44歳/女性)
「スマートフォンのアプリ。広告が出なくてすっきり」(22歳/女性)
など、利便性の差を挙げる声が多く寄せられました。

ほかにも、
「ボールペン。書きやすさ、寿命、持ちやすさ、どれをとってもノベルティでもらうものとは違う」(53歳/男性)
「携帯電話のクリーナー。無料の方はすぐにけば立って使えなくなったのに対し、有料の方はふき心地がよくて洗って何回も使えた。差を感じた」(22歳/女性)
「マスク。無料でもらうものは、耳にかけづらくすぐ外れる」(56歳/女性)
「タオル。よく粗品としてもらうけれど、買ったものの方が肌触りが良くて、使いやすい」(29歳/女性)
「有料のテレビ放送。自分の好きな番組を好きなだけ堪能できる」(30歳/女性)
「クリーニングの防臭加工。オプションとは全然違う」(25歳/女性)
「有料トイレ。きれい」(33歳/女性)

「無料だと申し訳なさがあるが、お金を払えばそういった気にはならない」(33歳/男性)という心もちを回答した人も。

使い比べて分かる価格の差。どのコメントにもふむふむと共感しました。無料のモノやサービスはありがたくもそれなりに利用しながら、ここぞというときにはお金を払って買い選ぶなど、使い分けたいものです。

調査期間:2014/2/13〜2014/2/18
有効回答数 584件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(岩田なつき/ユンブル)