●出撃

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©小林 立/スクウェアエニックス・咲全国編製作委員会
<キャスト>
宮永 咲:植田 佳奈
原村 和:小清水 亜美
片岡 優希:釘宮 理恵
染谷 まこ:白石 涼子
竹井 久:伊藤 静
須賀 京太郎:福山 潤
神代小蒔:早見沙織
狩宿 巴:赤千夏
滝見 春:水橋かおり
薄墨 初美:辻あゆみ
石戸 霞:大原さやか
上重 漫:伊達朱里紗
真瀬 由子:佳村はるか
愛宕 洋榎:松田颯水
愛宕 絹恵:中津真莉子
末原 恭子:寿美菜子
小瀬川 白望:長妻樹里
エイスリン ウィッシュアート:水野マリコ
鹿倉 胡桃:豊田萌絵
臼沢 塞:佐藤利奈
姉帯 豊音:内田真礼
宮永 照:中原麻衣
弘世 菫:斎賀みつき
渋谷 尭深:豊口めぐみ
亦野 誠子:清水香里
大星 淡:斎藤千和
福路 美穂子:堀江由衣
池田 華菜:森永理科
辻垣内 智葉:日笠陽子
高鴨穏乃:悠木碧
新子 憧:東山奈央
松実 玄:花澤香菜
松実 宥:MAKO
鷺森 灼:内山夕実
赤土 晴絵:進藤尚美
福与 恒子:野中藍
小鍛治 健夜:後藤沙緒里
藤田 靖子:浅野真澄
天江 衣:福原香織
龍門渕 透華:茅原実里
井上 純:甲斐田裕子
国広 一:清水愛
沢村 智紀:大橋歩夕
東横 桃子:斎藤桃子
加治木 ゆみ:小林ゆう
福路 美穂子:堀江由衣
池田 華菜:森永理科
夢乃 マホ:小岩井ことり
室橋 裕子:藤堂真衣
花田 煌:新井里美
戒能 良子:田村睦心
赤阪 郁乃:野田順子

●ストーリー
更なる高みを目指して―。

宮永咲(みやながさき)は高校一年生。奇跡的な麻雀を打ってのける(毎局プラスマイナスゼロで和了(あが)ることができる)美少女。原村和(はらむらのどか)の天才的な打ち方に感化され麻雀部に入部することを決意する。二人の天才美少女が全国大会の頂点を目指す。
熾烈な闘いの末、見事県予選を勝ち抜いた清澄高校麻雀部。全国の舞台で待ち受けていたのは同じく頂点を目指す強豪たちだった。果たして咲たちは全国の高みへたどり着くことが出来るのか。高校生雀士の頂点を決める闘いが今、始まる。

※第3期になります。
●オープニング
2回戦副将戦後半戦
清澄高校:原村 和
姫松高校:愛宕 絹恵
宮守女子高校:臼沢 塞
永水女子高校:薄墨 初美


東1局1本場 東家は原村 和。北家は薄墨 初美で毎回のように東と北をポン!それに対して無頓着な原村 和ですが、

臼沢 塞「(薄墨 初美の小四喜)塞ぐのやめるか…。」

※臼沢 塞から見て、薄墨 初美の役満阻止より、原村 和が役満振込をしてくれた方が2位になる可能性が高くなるという読みがあるようです。
●小四喜
東1局2本場、6巡目で薄墨 初美は北と東をポン!

ところが原村 和、これを見てオリ。結局、薄墨 初美の一人聴牌。

78南南南西西 ポン東東東 ポン北北北

原村 和「部長の言っていた小四喜、なかなかの偶然ですね!」

※流石デジタル!

薄墨 初美、泣き出す!

その後も薄墨 初美、全く和了出来ず南1局。

南1局 東家は原村 和。北家は薄墨 初美。

ここで7巡目リーチをかける原村 和。東と北は場に見えていません。次巡、原村 和は東をツモ切ると、

薄墨 初美「ポン!」

更に次巡、北を暗槓する薄墨 初美。そして、数巡後、

薄墨 初美「ツモ!8000、16000ですよ〜!」

(34)南南西西西 ツモ(2) アンカン北北北北 ポン東東東

遂に小四喜成就!これによって結局、副将戦は殆どトータルポイントに変動無し。

2回戦副将戦終了時
清澄高校:原村 和 99600
姫松高校:愛宕 絹恵 127600
宮守女子高校:臼沢 塞 85700
永水女子高校:薄墨 初美 87100


※薄墨 初美は対局中、常時おっぱ○が丸見えですが良くテレビ放送出来ましたね!
●嶺上開花
2回戦大将戦終了時
永水女子高校:石戸 霞 87100
宮守女子高校:姉帯 豊音 85700
清澄高校:宮永 咲 99600
姫松高校:末原 恭子 127600


いよいよ大将戦、東場は末原 恭子が早和了を繰り返し大きく動かなかったものの、東4局 東家 末原 恭子の2索切りリーチに対し、

宮永 咲「カン!」

宮永 咲「ツモ!嶺上開花、8000。」

ドラ(1)

35(11赤567)七八九 ツモ4 カン2222

※嶺上開花 ドラ3ですが責任払いになります。余談ですが、責任払いだとすれば符計算で、

基本符20符+2索ミンカン8符+カンチャン2符=30符で7700点(責任払いは点数計算上、振込扱いなのでツモ2符は付かない)が一般的なのですが、特殊ルールを採用しているのでしょうか?

なお今回、宮永 咲の和了は毎回手役が嶺上開花だけというケースが多いです。
●追っ掛けリーチ
末原 恭子「リーチ!」
姉帯 豊音「通らば追っ掛けリーチするけど〜。」


この状況を繰り返し、毎回のように待ちの少ない手で和了する姉帯 豊音。

実は地区予選では姉帯 豊音は追い掛けリーチを一度も見せていなかったのですが、姉帯 豊音は背向(そがい)のトヨネと呼ばれ、「先制リーチした相手から追っ掛けリーチして一発で和了る」先負という能力を持っています。

※正確には暦注の六曜に関する能力を持っています。 

先程の状況で4連続和了する姉帯 豊音ですが…。

「咲-Saki-全国編」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第8話「薄墨 初美、鬼門と裏鬼門」(ネタばれ注意)
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第7話「放送禁止レベル!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第6話「絶不調」(ネタばれ注意)
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第5話「染谷 まこVSエイスリン・ウィッシュアート」(ネタばれ注意)
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第4話「覚醒!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「咲-Saki-全国編」TVアニメ公式Webサイト
「咲-Saki-全国編」AT-X公式Webサイト