写真提供:マイナビニュース

写真拡大

3月7日に全面開業した、高さ300mを誇る日本一の超高層ビル「あべのハルカス」初の土日となった8・9日、最上部に位置する展望台「ハルカス300」に、2日間合計で約1万4,000人が訪れ、大パノラマの景色と癒し空間を楽しんだ。

展望台「ハルカス300」は、58・59・60階の三層構造。気候条件がよければ、京都や六甲山、明石海峡大橋、淡路島、関西国際空港などが一望できる。

60階は、大パノラマの景色が魅力の360度ガラス張りの屋内回廊で、空中散歩をしているような感覚が体験できる。59階は、ハルカス300限定グッズなどを販売するショップがある、お帰りフロア。58階は上空まで吹き抜け構造で、外気を肌で感じられる屋外広場。一面がウッドデッキで、周囲には植栽が配置された緑あふれる癒しの空間になっており、屋内には食事などが楽しめるカフェレストランも併設している。

60階の屋内回廊にはベンチがあり、58階の屋外広場もウッドデッキの一部が階段になっており、座ってのんびり景色を楽しむ人の姿が多く見られた。また、緑あふれる屋外広場では、公園のようにはしゃぐ子供の姿も。

訪れた人たちは、「ガラス張りで開放感がすごい」「いろんな名所が見えておもしろい」「大阪の夜景もきれいなんだなぁと感じた」などと、300mの景色に感動。そして、「(屋外広場は)公園みたいで癒される」「のんびり座って過ごせるのがいい」「子供も楽しめる広場になっているので家族で遊びに来れる」と、景色だけでなくのんびり過ごせる構造に満足しているようだった。

なお、「ハルカス300」は3月31日まで完全予約制。当日券の販売はなく、日時指定券(引換券)が必要。日時指定券は、インターネット、近鉄駅営業所、ファミリーマートにて先着順で販売している。4月1日以降は、「あべのハルカス」2階チケットカウンターにて当日券も販売する。

●ハルカス300(展望台)【営業時間】3月9日(日)〜5月6日(火)8:30〜22:00、5月7日(水)以降10:00〜22:00【入場料金】大人(18歳以上)1,500円、中高生(12歳〜17歳)1,200円、小学生(6歳〜11歳)700円、幼児(4歳以上)500円