LTE速度調査でSoftBankが最速に

写真拡大

MMD(モバイルマーケティングデータ)研究所は2014年3月6日、「iPhone(アイフォーン)、Andoroid(アンドロイド)47都道府県340か所通信速度調査」の結果を公表した。それによると、47 都道府県主要都市のダウンロード平均スピードが一番速いのは、iPhone、Android端末ともに SoftBank(ソフトバンク)だとわかった。

調査スポットのLTE化率は100%

平均スピードはiPhoneの場合、SoftBankが27.59Mbps、docomo(ドコモ)が23.55Mbps、auが20.79Mbps。AndroidではSoftBankが27.80Mbps、docomoが27.55Mbps、auが22.67Mbpsの順に。

また、ダウンロード平均スピードが20Mbps以上出た調査スポット数も、SoftBankが最多だった。全340か所中、iPhoneではSoftbankが246か所、docomoが175か所、auが161か所。AndoroidではSoftBankが244か所、docomoが218か所、auが170か所という結果と、iPhone、Androidともにソフトバンクが3キャリアで最多となり、通信が安定していることが伺える。

調査は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の7都市を含む47都道府県340か所でdocomo、au、SoftbankのiPhone5sおよび3社のAndroid端末を使用し、通信速度テストを実施した。利用したAndroid端末は以下の通り。

docomo:Xperia(TM) Z1 f SO-02F、au:isai LGL22、SoftBank:AQUOS PHONE Xx 302SH

調査スポットは調査都道府県における主要都市の駅・ランドマークを無作為に抽出。計測は「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを利用し、10時から19時までの時間帯に同条件で3回計測をおこない、平均値を記録した。なお、主要都市の中心部を調査したため、調査スポットのLTE化率は100%だった。

調査期間は2月18日から3月1日。