ハウステンボス歌劇団、養成所第1期生を募集

写真拡大

長崎県佐世保市ハウステンボスに本拠地を置く、ハウステンボス歌劇団が、今年5月に養成学校『ハウステンボス歌劇学院』を開校する。

ハウステンボス歌劇団は、宝塚歌劇団出身の優雅(研ルイス)・雪菜つぐみ・愛那結梨や、 OSK日本歌劇団出身の伊織はやと・深佳さえの5名に、オーディションで選ばれた女性メンバーを加え2013年7月に結成。今年1月には、ハウステンボス内に専用劇場もオープンしている。

【関連:宝塚大劇場に100名殿堂入りの『宝塚歌劇の殿堂』オープン】

ハウステンボス歌劇団


5月に開校するハウステンボス歌劇学院では、第一期生として25名を募集。入学後1年間かけ洋舞・日舞をはじめ、ヘアメイクや衣装の専門知識、一般教養に礼儀作法と舞台人・社会人に必要な幅広い教育が行われる。

学費は授業料の他、制服費・紋付袴費などを予定。県外出身者には寮が用意される。
募集資格は18歳から23歳、身長158cm以上で、容姿端麗であること。

願書受付は4月3日消印有効となっており、一次の書類審査を経て、二次の実技試験が東京(新宿)、大阪(梅田)、九州(ハウステンボス)の全国三箇所で実施される。

今回の取り組みについて、ハウステンボスに電話取材を申し込んだところ、「まだ始まったばかりですが、将来的には世界に通じる舞台人を育てていきたい。そうした志ある人をお待ちしています。」とコメントしている。

参考:
ハウステンボス歌劇学院

画像提供:
ハウステンボス