居間や台所などを入居者が共有するシェアハウス。家賃の安さから若者を中心に人気を得てきたが、最近では、趣味や目的を同一にする人々が暮らす「コンセプト型」が注目を集めている。ゴルフやヨガ、楽器演奏などを楽しむ設備のある物件から、漫画科志望や母子家庭専用まで。一つ屋根の下で、住まい以外をも共有するシェアハウスが増加している。

 シェアハウス専用ポータルサイトを運営する仲介大手のひつじインキュベーション・スクエアによると、シェアハウスの登録物件は現在1700件程度で、ここ3年で2倍になった。同社がまとめた「シェア入居白書(2008年版)」を見ると、入居者は20代が6割を占めているが、最近の「コンセプト型」登場に伴い、30代以降の入居者も増えているという。

 神奈川県川崎市に今月、“みんなで子育て”をコンセプトとする「四谷上町プロジェクト(仮称)」がオープンする。ここは単身者や家族、シングルペアレント、高齢者などからなる10世帯で、入居中の子供たちを育てようというシェアハウス。国産のむく材を使用するなど、健康素材にもこだわり、共同菜園も付く。こうした「子育て」のほか、シニアと若者など「世代交流」を促すシェアハウスも昨今、人気のようだ。

 社会人男性に人気なのが、本格趣味に打ち込んだり、生活サポートの付くシェアハウス。千葉県船橋市の「シェアリーフ西船橋」は完全防音の音楽スタジオを備える。東京麻布の「麻布ガーデニア“エグゼクティブ”」ではシアタールームで映画鑑賞ができるほか、アイロン、ズボンプレッサー、シャンプーなど日用品の補充といった、ホテル並みのサービスが売りだ。

 こうしたシェアハウスは低迷する不動産にとっても、一つの活路となっている。都内の不動産業者の男性はこう話す。

「空室の多いマンションや使われなくなった社宅が、最近の人気にともなって、シェアハウスとして再生する例は増えています。マンションだけではなく、空き家になっている一戸建てをシェアハウスに改造する人も増えていますね」。全国の空き家は756万個で、総住宅の13%程度を占める(総務省「住宅・土地統計調査」2008年)。高齢化によってさらに増加すると予想される空き家の再生のために、シェアハウスに寄せられる期待は大きい。

 一方、利用者にとって、多様化するシェアハウスに入居するメリットは何だろうか。消費者の心理や行動に詳しいニッセイ基礎研究所生活研究部准主任研究員の久我尚子氏に聞いた。

「シェアハウスが多彩になっているとはいえ、入居する目的の第一は、経済的理由だと考えられます。様々なサービスが付くことで家賃は相場と同程度のシェアハウスも増えていますが、初期費用が抑えられるなど、やはり経済的メリットはある。20代〜30代の非正規雇用者は増えており、可処分所得はここ数年減り続けています。会社の福利厚生などを受けられないために、家賃を少しでも低く抑えたいという現実がまずあるのです」

 経済的理由のほかには、家族的な安心感があげられるという。

「最近、結婚したいと考える20代女性が増加していますが、その理由として『子ども・家族を持ちたいから』と答える人が増えています。若い人の間で、家族的な安心感を求める気持ちが強まっていると考えられます。人気番組「テラスハウス」(フジテレビ系)のように、シェアハウス間での出会いも期待できるのかもしれませんね。

 また、生涯未婚率は上昇しており、結婚は、普通にできるものから、努力しないと手に入らないものに変わりつつあります。疑似家族のようなつながりやコミュニケーションを保てるシェアハウスは今後、若者よりもむしろ年齢を重ねた単身者にとって、必要性が高まっていくのではないでしょうか」