ソチ五輪2月15日のスキージャンプ男子ラージヒルで、葛西紀明は41歳8カ月にして銀メダルを獲得。「涙は出ませんでした。それは金メダルを獲った時にとっておきます」と明るく答えていた。

 だが17日の団体戦では、葛西は銅メダル獲得後、ボロボロ涙を流した。

 その涙のワケは、ソチ五輪でのチーム状態にあった。

 葛西自身はシーズン開幕からW杯でひと桁順位を連続して、1月にはW杯史上最高年齢優勝を果たすなど好調をキープしていた。一方、竹内拓や伊東大貴は、開幕直後こそ表彰台へ上がっていたが、年が明けると調子を落としてしまっていた。

 とくに竹内は、喘息の症状がひどくなり1月6日のビショフスホーフェン大会(オーストリア)は棄権。シャワーを浴びて髪を洗っていても、疲労感で腕をあげていられなくなるほどだった。帰国して医師の診断を受けた竹内は、難病指定になっている血管の病気、"チャーグストラウス症候群"の可能性が80%と診断された。

 治療のために強いステロイド剤を投薬したが、それは筋肉量を落としてしまう薬でもあった。一時は「五輪をあきらめなければいけないのか」と思ったという。それでも竹内は、病室に器具を運び込んでトレーニングを続け、ソチ五輪出場にこぎ着けたのだ。

 伊東は、五輪前のW杯ヴィリンゲン大会(ドイツ)で痛めた左膝の状態が最悪だった。団体戦でも2本目は着地した途端に痛みが走るほど、ギリギリの状態だった。認定ラインを超えるまでは立っていなければと、必死にこらえた。

 それを知っていた葛西はこう語る。

「1本目を飛んだ時も、拓や大貴の気持ちを考えると涙が出てきて......。それに(清水)礼留飛が人一倍練習していることも知っていたし......。ソチ五輪の代表に選ばれるかどうかという時に、彼が僕に電話をしてきて、追い込まれていた様子だったので、『大丈夫だ』と元気づけたこともあった。

 メンバーを外れた(渡瀬)雄太もW杯では結果を出していて、団体戦に出ていてもおかしくなかった。彼らと一緒に戦ってきて『メダルを獲るならこいつらと』と思っていたから、後輩たちにも絶対にメダルを獲らせてあげたいと思っていたんです」

 2日前のラージヒルは葛西の2位を筆頭に、伊東が9位で清水が10位、竹内が13位という結果だった。結果だけを見ると金メダルを狙える状況だ。だが選手たちは、そんなに甘くないことを承知していた。

 伊東、竹内、清水の3人は、葛西が4番手にいることが心強かったという。自分たちがメダル圏内に踏みとどまるジャンプをしておけば、あとは葛西が何とかしてくれると信頼していた。

 1本目のジャンプ、清水は「葛西さんをはじめみんなに、失敗してもいいから思い切り飛んで来いと言われて気持ちが楽になりました」と、力強い踏み切りで132・5mを飛んでノルウェーに次ぐ2位につけた。

 2番手の竹内は試技でスキーのテール同士をぶつけるミスをして112・5mになっていたこともあり、「自分の出来がカギになる」と思っていた。そして、追い風の中で127mまで飛距離を伸ばして4位をキープ。続く伊東は130・5mのジャンプで、チーム順位を3位にあげた。さらに、最後の葛西も134mを飛んで3位をキープ。4位ポーランドとの差を、18・3点差に広げたのだ。

 2本目は1番手の清水が再びグループ2位の131・5mで、優勝争いをするドイツとオーストリアに追いすがる。続く竹内は上位2チームとの差を広げられたが、3位争いでの安全圏はキープ。伊東は追いすがるポーランドとスロベニアに差をつけ、銅メダル確実という状態で最後の葛西に託した。

 葛西は134mを飛んで日本の3位が確定。3人は葛西に駆け寄って抱きついた。

「僕がラージヒルで銀メダルを獲った時、みんなが自分のことのように喜んでくれた。でも、本当はそれぞれ悔しいだろうから、自分ひとりではなくて4人でメダルを獲りたいという気持ちでした。団体戦の2本目は、飛ぶ前に4位との点差もだいぶ開いているとわかっていたから、飛んでいる時は拓の病気のことや大貴が膝の痛みをおして出ていることが頭の中を駆けめぐった。

 飛び終わってからはずっと、涙を我慢していたんです。でも3人に飛びつかれた時はもう我慢できませんでした。W杯開幕直後と比べればチームの調子は格段に落ちているけど、入院をして五輪に出られるかどうかという状態だった拓とも一緒に飛べて、一緒にメダルを獲れたことがあまりにも嬉しくて、涙を流してしまったんです」

 こう話す葛西にとって、20年前の1994年リレハンメル五輪の団体の銀は、金メダルをほぼ手中にしていながら逃してしまったという、悔しさの方が強い銀メダルだった。だが今回は本当に、「何色でもいいからみんなで」という思いでもぎとった、「あの時より格段に嬉しい」銅メダルだという。

「98年長野五輪以来の団体のメダルですが、世界トップの状況はあの頃とは別格といえるほどレベルアップしているし、W杯でポイントを獲ることも難しい。ましてや優勝はさらに難しく、高いレベルになっているんです。その中でもチームでメダルを獲れたということは本当に嬉しいし、大きな満足感があります」

 ソチは、葛西にとって初めて経験する納得のいく五輪だったといえる。だが、それで立ち止まろうとはしない。彼はこの充足感を新たなバネにして、金メダルを目指してまた次の一歩を踏み出していく。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi