3日目の好スコアで優勝戦線に浮上したタイガーだったが…(撮影:福田文平)

写真拡大

<WGC-キャデラック選手権 最終日◇9日◇トランプナショナルドラール(7,334ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるトランプナショナルドラールで開催された「WGC-キャデラック選手権」の最終日。4位タイからスタートし、逆転での連覇を狙ったタイガー・ウッズ(米国)はノーバーディ6ボギーの大乱調。スコアをトータル5オーバーまで落とし、25位タイで連覇はならなかった。

 最終日のタイガー・チャージは不発に終わった。3日目に完璧な内容でベストスコア“66”をマークし、大きな注目を集めたウッズだったが、この日は3番ホールでセカンドを池に打ち込みボギーが先行。続く4番でも2メートル弱のパーパットを決められず連続ボギーを叩き、早くも優勝戦線から脱落してしまった。
 サンデーバックナインのプレーに入っても低調なプレーは続き、13番14番で再び連続ボギー。さらに最終18番もこの日のプレーを象徴するようにティショットが池につかまりボギーフィニッシュとなったウッズ。結局最後までバーディを奪えず、最終日まさかの“ノーバーディ”で大きく順位を落として大会を終えることになった。
 今季のウッズは得意とする「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で3日目カット。先週の「ザ・ホンダクラシック」でも最終日、腰の痛みで棄権するなど低迷が続いている。
 今大会3日目のプレーのように復活の兆しもあるにはあるが、4月の海外メジャー初戦「マスターズ」がせまる中、厳しい状況が続いている。ウッズの次戦は1週のオープンウィークを挟み「アーノルド・パーマー招待」を予定しているが、果たして自分のゴルフを立て直すことができるだろうか。

【最終結果】
優勝:パトリック・リード(-4)
2位T:バッバ・ワトソン(-3)
2位T:ジェイミー・ドナルドソン(-3)
4位T:リチャード・スターン(E)
4位T:ダスティン・ジョンソン(E)
6位T:トンチャイ・ジェイディ(+1)
6位T:スティーブン・ギャラハー(+1)
6位T:ビル・ハース(+1)
25位T:タイガー・ウッズ(+5)
25位T:アダム・スコット(+5)
25位T:ローリー・マキロイ(+5)
34位T:松山英樹(+6)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
タイガー、チャージ炸裂!ベストスコアで4位タイに急浮上
松山、2ダボ響いて34位タイ「開き直って頑張ったけど…」
キャデラック選手権の最終結果はこちらからチェック
待望の美女一覧ページ設置!「今日の美ゴ女」
【ドバイゴルフ】ドバイ発の高級ホテルチェーン“Jumeirah(ジュメイラ)”