前半の2ダブルボギーが響いてスコアを落とした松山(撮影:福田文平)

写真拡大

<WGC-キャデラック選手権 最終日◇9日◇トランプナショナルドラール(7,334ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるトランプナショナルドラールで開催された、「WGC-キャデラック選手権」の最終日。トータル4オーバーの21位タイからスタートした松山英樹は3バーディ・1ボギー・2ダブルボギーの“74”でホールアウト。トータル6オーバーの34位タイで4日間を終えた。

 この日は3番でボギーが先行すると、7番ではティショットを右に曲げるとセカンドも大きく右に曲げてダブルボギー。さらに、9番パー3でもティショットを池に入れてダブルボギーと前半で大きくスコアを落としてしまう。
 後半は11番、12番の連続バーディに加え15番もバーディとし盛り返したものの、「もうほんとに良くなかったんで、開き直って頑張ったんですけど…」と前半のスコアが響いてスコアを落としてのフィニッシュとなった。
 4日間を振り返った松山は「ショートパットも含めて10打以上は損しているのかなと思います。今はショット、アプローチを重点的に練習していたので、パットがおろそかになっていたのが原因かなと思う」と伸び悩みの原因にパッティングを挙げた。
 それでも「こういうタフなコンディションでやるのはなかなかないと思う。こういうコースに来ると自分に足りない部分をすごく感じる」とエリートフィールドでの戦いは収穫も多かったようだ。
 松山はこれで米ツアーでの連戦をいったん終了し東北福祉大の卒業式出席のため帰国。日本ではいためた左腕のケアを含め体のメンテナンスを行う予定となっている。
 「帰って検査して、パターの練習して、バンカーの練習して、またドライバーの練習もして…」4月のメジャー初戦「マスターズ」まで試合予定はないが、22歳に立ち止っている暇はない。
【最終結果】
優勝:パトリック・リード(-4)
2位T:バッバ・ワトソン(-3)
2位T:ジェイミー・ドナルドソン(-3)
4位T:リチャード・スターン(E)
4位T:ダスティン・ジョンソン(E)
6位T:トンチャイ・ジェイディ(+1)
6位T:スティーブン・ギャラハー(+1)
6位T:ビル・ハース(+1)
25位T:タイガー・ウッズ(+5)
25位T:アダム・スコット(+5)
25位T:ローリー・マキロイ(+5)
34位T:松山英樹(+6)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼、今田の最終結果 PGAリーダーボード
海外挑戦の足かせに?国内男子ツアー義務試合数改定…これって改良?改悪?
松山英樹に「バカ」 ポールター発言が波紋を呼ぶ
石川遼は3日間連続“69” 19位タイで4日間を終える
JGFコンパニオン祭り引き続き開催中!