マエケン炎上で「弊害説」が浮上

ざっくり言うと

  • 9日のオープン戦で、広島・前田が予定の4回を投げずに降板した
  • 前田が多投したスプリットの弊害を指摘する声が出ているという
  • 「スプリットを試すあまりフォームが突っ込み気味になった」というコーチの指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング