ソチ五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得したキム・ヨナが、韓国のアイスホッケー選手、キム・ウォンジュンと熱愛中であることを芸能メディアが報じたことに関し、キム・ヨナの所属事務所が法的手段をとる方針を明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。(写真は「CNSPHOTO」提供。ソチ五輪にて)

写真拡大

 ソチ五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得したキム・ヨナが、韓国のアイスホッケー選手、キム・ウォンジュンと熱愛中であることが報じられたことに関し、キム・ヨナの所属事務所が法的手段をとる方針を明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 所属事務所、オール・ザット・スポーツは7日、報道資料を通じ「あるメディアが交際の記事と写真を公開してから、事実とは異なる内容や推測報道が相次いでいる。当事者の名誉を毀損したり私生活を深刻に侵害する写真や記事の掲載が続いている」とし、直ちに法的手段を取ることを発表した。

 キム・ヨナとキム・ウォンジュンの交際は、韓国の芸能専門メディア「ディスパッチ」が6日に報道。2人のデート現場の写真や、2012年7月にソウル市内の泰陵選手村で知り合ったことなどを紹介していた。

 同事務所は、ディスパッチの報道について「明らかな私生活の侵害」と指摘し、私生活を本人の同意なく公にすることは違法だと主張した。

 同事務所は、ふたりの交際は「事実」と認めている。しかし、ディズパッチの報道後、各メディアが推測記事を報じたり、SNSやブログに事実とは異なる内容が書き込まれ、拡散していることから対応に乗り出したものとみられている。(編集担当:新川悠)(写真は「CNSPHOTO」提供。ソチ五輪にて)