韓国・労働党副代表が自宅で自殺

ざっくり言うと

  • 8日、韓国労働党のパク・ウンジ副代表が首吊り自殺したことが分かった
  • 一部メディアは、パク氏がうつ病を患っていたと報じている
  • パク氏は教師出身で、小学二年生の息子がいるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング