首位とは8打差 難コースだけにまだ何が起こるかわからない(撮影:福田文平)

写真拡大

<WGC-キャデラック選手権 3日目◇8日◇トランプナショナルドラール(7,334ヤード・パー72)>
 「WGC-キャデラック選手権」の3日目。2日目は強風に苦しめられ16ラウンドぶりのオーバーパーを叩いた松山英樹だったが、この日は3バーディ・2ボギーの“71”で回りトータル4オーバーの21位タイに浮上した。

 松山は3番でセカンドをグリーン左に外してボギーが先行するも、6番でセカンドをベタピンにつけてバーディを奪取。7番はボギーとするも8番パー5では2オンに成功してバーディを奪ってハーフターンした。後半は足踏みが続いたものの13番パー3でバーディを奪ってアンダーパーでホールアウト。首位と8打差で最終日を迎えることとなった。
 前日にはこの日同組で回ったイアン・ポールター(イングランド)に「なぜグリーンのクレーターを直さないのか。バカだ」などと13番でパターでグリーンを傷つけてしまったことをツイッターで過激に指摘され、この日朝の練習場で謝罪。ポールターの同伴競技者にも頭を下げるなど慌ただしく過ごした。きっちりスコアはまとめて見せたものの、騒動については反省の色を見せた。
 首位とは8打差ながら、難コースだけに上位陣が崩れてくる可能性もある。浮上のカギを握るのはパッティングだ。「ショットがだいぶよくなってきているので、パッティングが入らなくて少し残念」とこの日を振り返った松山。「ラインが少し違ったり、グリーンのスピードがまだつかめていない。まだまだ練習が足りない」と難グリーンに手を焼いている。最終日にアジャストすべくホールアウト後はパット練習に汗を流した。
【3日目の順位】
1位:パトリック・リード(-4)
2位T:ジェイソン・ダフナー(-2)
2位T:ハンター・メイハン(-2)
4位T:タイガー・ウッズ(-1)
4位T:ジェイミー・ドナルドソン(-1)
6位T:ミゲル・アンヘル・ヒメネス(E)
6位T:ザック・ジョンソン(E)
6位T:ダスティン・ジョンソン(E)
21位T:松山英樹(+4)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>