“革命的な”ふとん乾燥機が売れている。2013年10月に店頭発売されるや、あっという間に人気商品となった象印マホービンの『スマートドライ』だ。
 
「当社は1998年を最後に、ふとん乾燥機市場から撤退していました。低価格競争に巻き込まれてしまったのが主な原因です」

『スマートドライ』の商品企画を担当する第二事業部の安藤裕樹(ゆうき)は振り返る。だが、ふとん乾燥機自体はコンスタントに年間40万台も売れており、さらに花粉やPM2.5の影響で今後さらなる成長が見込める市場でもある。

 撤退後12年がたった2010年、商品企画チームは、ふとん乾燥機市場への再参入を社内に提案した。

 だが社の上層部は、一度撤退した苦い経験から、決断は慎重だった。なかなか商品開発のOKが出ない。膠着状態を打破したのは、事業部長の一言だった。

「差別化を図り、他社を凌駕する製品にすること。これがゴーサインの条件だ」

 そこで商品企画チームは、ふとん乾燥機のウィークポイントを探しだすことから始めた。

「従来のふとん乾燥機の欠点は、使用後の収納がとても面倒なことでした。とくに温風をふとんの中に送り込むマットを畳むのが大変。そのため、購入しても次第に使わなくなり、物置に仕舞われてしまうことも多かったのです」

 そこで彼らが考えたのは、マットに心棒を入れることで畳みやすくし、収納時間を他社製品に比べ3割短縮することだった。

 自信満々で試作品を持ってきた商品企画チームの面々に、開発のゴーサインを出した事業部長は険しい顔でいい放った。

「時間を費やして考え出したアイデアがこれか? こんなもので他社を凌駕できると思ってるのか?」

 狼狽する彼らに事業部長はたたみかける。

「収納に着目したのはいい。だが簡単収納を謳うなら、“ワン・ツー・スリー”の3ステップでできなければだめだ。そうだな、時間にして10秒以内だ」

 たった10秒で収納可能なふとん乾燥機なんて、本当にできるのだろうか──。

 苦心の末に考え出したのは、マットを無くし、本体から伸びるホースを直接ふとんの中に入れて乾燥させる方法だった。これなら10秒で収納できる。だが、改良試作品を目にした事業部長は再び首を横に振り、こういった。

「ホースがついたままじゃないか。ホースを無くせば、収納時間はもっと短くなるはずだろう」

 このとき彼らは、初めて思い知らされた。従来のふとん乾燥機に対する概念を一切捨て去り、ゼロからスタートしなければだめなのだ、と。

 マットもホースも無くすということは、本体に温風の吹き出し口をつけなければならない。そこで、ふとんの中を隅々まで暖めるために、幅広の吹き出し口を設けることにした。さらに温風の効率を上げるため、吹き出し口を低い台形にしてふとんに入れても隙間ができないようにした。

 2012年11月8日、革命的なふとん乾燥機『スマートドライ』は、テレビ通販限定商品として発売された。

「テレビ通販のみでの販売にしたのは、『スマートドライ』の特長をじっくり説明したかったからです」

 販売価格は1万円どころか2万円を超えていたが、初日で用意した数千台を完売した。その後もテレビ通販で好調な販売を続け、昨秋店頭発売開始。3か月間の販売台数は当初目標の220%にも達し、春を迎えた今も品薄状態が続いている。

(文中敬称略)

■取材・構成/中沢雄二

※週刊ポスト2014年3月14日号