<WGC-キャデラック選手権 3日目◇8日◇トランプナショナルドラール(7,334ヤード・パー72)>
 「WGC-キャデラック選手権」の3日目。松山英樹はこの日3バーディ・2ボギーの“71”で回り、トータル4オーバー21位タイでフィニッシュした。
昨年の全英オープンではスロープレーでのペナルティに怒り
 ところで、この日松山と同組で回ったイアン・ポールター(イングランド)のツイッターでの発言が今大会で話題を呼んでいる。それは2日目にポールターの前の組でプレーしていた松山が13番でパットを外した際に、軽くグリーンを叩いて無意識に傷つけていたことに対し「なぜマツヤマはグリーンにクレーターを残したままなのか。そのためにレフェリーが損傷を修復しなければならなかった。バカだ」とツイートしたもの。
 ポールターのツイッターには、「あなたの言うとおり」や「直接言えば」などフォロワーから賛否が寄せられ、アメリカメディアもこれを一斉に報じた。これを聞いた松山はこの日同組で回ることとなっていたポールターを練習場で見つけるとスタート前に謝罪。それを受けたポールターも「これで終わりだ」などと語り騒動を収束させた。
 松山は昨年のフライズドットコムオープンでデービス・ラブIII(米国)からグリーンでマークに「ボールを置く際に正しく戻していない」などと注意を受けたこともある。もちろん無意識で故意ではない。だが、世界中から多くのプレーヤーが集まる舞台だけに振る舞いにも気をはらう必要がありそうだ。
【3日目の順位】
1位:パトリック・リード(-4)
2位T:ジェイソン・ダフナー(-2)
2位T:ハンター・メイハン(-2)
4位T:タイガー・ウッズ(-1)
4位T:ジェイミー・ドナルドソン(-1)
6位T:ミゲル・アンヘル・ヒメネス(E)
6位T:ザック・ジョンソン(E)
6位T:ダスティン・ジョンソン(E)
21位T:松山英樹(+4)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>