首位とは8打差で最終日を迎える(Photo by Michael CohenGetty Images)

写真拡大

<プエルトリコオープン 3日目◇8日◇トランプインターナショナルGC(7,506ヤード・パー72)>
 プエルトリコにあるトランプインターナショナルGCで開催中の、米国男子ツアー「プエルトリコオープン」の3日目。トータル5アンダー25位タイで4試合ぶりに決勝ラウンドに進出した石川遼は、この日4バーディ・1ボギーの“69”ホールアウト。トータル8アンダー27位タイで3日目を終えた。

 この日はティショット、グリーンを狙うアイアンいずれもやや精度を欠いたものの、前半は2番、5番と2つのパー5できっちりバーディを奪うと、7番でもバーディを奪取。落ち着いたプレーぶりを見せる。難易度の上がる後半は14番でボギーを叩くなど足踏みが続いたものの、17番でバーディを奪い返してフィニッシュした。
 首位とは8打差で迎える最終日。優勝へ向けては厳しい状況となったが、現在425ポイントを積み重ねているフェデックスカップポイントの確保へ一つでも順位を上げておきたいところ。かねてから「450というのが一つの目標」と語っているおり、まずはそこをクリアすることが最終日の一つのテーマにもなりそうだ。
 上位は2ケタアンダーで優勝争いを繰り広げているだけに、まずは序盤で割って入りたい。
【3日目の順位】
1位:チェッソン・ハドリー(-16)
2位:ダニー・リー(-15)
3位T:ジェイソン・ゴア(-14)
3位T:ジョナサン・バード(-14)
5位T:カール・ペターソン(-13)
5位T:ジェリー・ケリー(-13)
5位T:デビッド・トムズ(-13)
8位T:ジョージ・マクニール(-12)
8位T:ラファエル・カブレラ・ベッロ(-12)
27位T:石川遼(-8)
27位T:今田竜二(-8)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>