前半でスコアを伸ばし首位に立った笠りつ子!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 2日日◇8日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,473ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ダイキンオーキッドレディス」の2日目。初日に5位タイにつけていた笠りつ子が4バーディ・1ボギーの“69”でスコアを3つ伸ばし首位タイに浮上した。

 この日、アプローチが冴えた笠は1つボギーがあったものの、前半だけで4つのバーディを奪いスコアを伸ばした。ところが、そんな勢いに水をさすように前半が終わってからの休憩中に強い雨が降り始めてきた。
 それでも「降り始めたのがプレー中ではなく休憩のときでラッキーだった。前半とは切り替えて、後半はしのいでいこうと思った」という言葉通り後半は我慢のゴルフを展開。バーディはなかったものの、ノーボギーで悪天候の中スコアを落とさずホールアウトした。
 昨年のこの大会では優勝を狙える位置にいた笠だったが、最終的に3位タイと悔しい思いをした。今年はそういう思いはしたくない。「ツアー優勝。それもできるだけ早く」が今年の目標。その目標達成について聞かれた笠は「チャンスなのでものにしたい」と意気込んだ。昨年の賞金女王との戦いを制し、最短で今年の目標を達成できるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
斉藤愛璃、思い出の地で「いい流れ」をつかむ!
横峯さくらが優勝圏内に急浮上!首位と2打差で最終日へ
「キャデラック選手権」のリーダーズボードはココから!
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」