斉藤愛璃、6位タイと好位置で最終日へ!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 2日目◇8日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,473ヤード・パー72)>
 2012年にこの「ダイキンオーキッドレディス」で優勝、その美貌もあり一躍時の人のなった斉藤愛璃。しかし、その後は思うような成績が残せず昨年賞金ランキング89位でシード権を喪失。ファイナルQTでも48位と奮わず、この大会は主催者推薦での出場となったが、そのチャンスを活かし2日目が終わって首位と2打差の6位タイと好位置につけた。
「ダイキンオーキッドレディス」の2日目を振り返る!
 斉藤はこの日1アンダー7位タイからスタート。前半で3つスコアを伸ばし折り返すが、11番パー5でティショットが右に曲がり痛恨のOBに。このホールは5オン2パットでダブルボギーとしてしまう。これで流れを断たれたかと思いきや、強風の中粘りのゴルフを見せ14番ではバーディを奪取。その後はピンチを迎えるものの、15番17番では2メートルの微妙な距離を沈めパーをセーブ。好調なショートゲームでピンチをしのぎ上位をキープした。
 会見ではダボの後に「集中力を切らさずにゴルフができました。今までやってきたことを崩さないですんで良かったです」と満面の笑みを見せた斉藤。この日は午後に一時突風のような風が吹き、正午時点の風速は初日よりも強い11.1メートル。その中でダボから崩れなかったのは大きな収穫だろう。
 2年前に優勝した時も最終日の出だしにダボを叩いたが「その時に気持ちを切り替えられた経験が今回も活きました」と話した斉藤。その年の1月に開催される「グアム知事杯」で2位に入ったが、今年も同じ2位となった。2位になると「悔しくてどうすればよいか1ヶ月ぐらい考えました。その悔しさから頑張れたのがありましたね」。ダボ、グアムで2位と「ジンクスじゃないけど、いい流れですよね」とツキは斉藤に味方しているようだ。
 「優勝したい気持ちがあるので、その気持ちを忘れず最後まで諦めずにやりたいと思います」と明日の抱負を話した斉藤。上には昨季の賞金女王や韓国の実力者らが名を連ねているので、優勝への道は険しいものになるだろう。それでも、忘れられない思い出があるこの沖縄で輝きを取り戻すため、最後まで全力で戦いぬく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
横峯さくらが優勝圏内に急浮上!首位と2打差で最終日へ
石川遼、好相性の地で4試合ぶり予選通過!
石川遼の試合のスコアボードはここから!
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
ドレスアップした女子プロも必見!「写真館」