PC遠隔、検察側の特別抗告を棄却

ざっくり言うと

  • パソコン遠隔操作事件の被告の保釈を巡る問題
  • 保釈を不服とした検察側の申し立てを、最高裁第2小法廷は棄却した
  • 被告は5日に保釈されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング