B787機、主翼にひび 三菱重担当

ざっくり言うと

  • 最新鋭の米ボーイング787の主翼にひびが見つかり、調査が始まった
  • 主翼は三菱重工が担当しており、製造過程を変更したことが原因の可能性がある
  • すでに納入された787型機の機体には、問題はないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング