お肌の大敵はお砂糖!?  “シュガーデトックス”で美肌を手に入れて!

写真拡大

女子なら誰だって甘いスイーツの誘惑には弱いものです。美味しいだけでなく見た目もかわいいお菓子やデザートにはついつい手が伸びてしまいますよね。でもその甘いスイーツの裏には大きな罠が……。ダイエットだけでなく美容にとっても実はお砂糖は大敵、糖分の摂りすぎは太りやすくなったり、またエイジング(老化)現象を加速させることが指摘されているのです。
年齢に負けず、きれいな肌とスリム体型を維持したいなら、糖分は極力控えるべき。普段それほど甘いものを食べていないつもりでも、ジャンクフードや加工食品などに糖分添加されている例もあるので油断できません。そこで普段の食生活のなかで上手に糖分を回避する“シュガーデトックス”のコツを伝授しましょう。

意外なところに潜む“糖分添加”に注意!

お菓子やいかにも甘そうなケーキばかりではありません。便利な現代には実に意外なものにかなりの糖分が添加されているのが怖いところであり、罠でもあるのです。例えば、

・シリアル(一見ヘルシーフードそのものですが、じつは糖分添加されているものも)
・ヨーグルト(特にバニラ味、ストロベリー味などフレーバー付きのものに注意!)
・缶詰フード(とくにコーンやクリームコーン等に注意)
・ドレッシング
・市販のパスタソース
・パン

よーく原材料表をチェックしてみましょう。上位に記載されているものほど添加量も多いと考えて。意外な罠にはまらないよう気をつけてください。

甘いものが欲しくなったら、フルーツに手を伸ばそう

それでもどうしても甘いものが食べたくなったときは、天然のフルーツが一番。その時期に合った旬のフルーツを食べるようにしましょう。フルーツの自然な甘さに慣れると、人工スイーツがどんなに甘いものか舌で感じ取れるようになってきます。なおフルーツでも、市販のフルーツジュースには注意! 美味しいからといって飲みすぎると意外と糖分も多く摂ってしまうことがあります。

急激な変化はかえってストレスの原因に。ゆっくり少しずつ糖分摂取を減らしていく

今までお菓子やスイーツを好きなだけ楽しんでいたのに、急にまったく食べなくなるというのはかえってストレスの原因に。食生活を急激に変えることは、体にも良くないので、いきなりゼロにするのではなく、ゆっくり徐々に糖分摂取を減らしていくようにしましょう。毎日食べていたのを週3日に、そして週1に……というように。回数を減らす分、より味わって楽しめるようになり、精神的にも満足するようになります。

甘いものに手を伸ばす前に、水分補給を

甘いものが欲しいなと思ったら、まず水分補給を。多くの人が“甘いものが食べたい”という欲求と喉が渇いてなにか口にしたいという欲求を混同しがちです。お水では味気ないと感じる場合は、ハーブティーがおすすめ。とくにローズヒップティーやハイビスカスティはビタミンCも豊富で女性に優しいドリンクです。