法制局長官、議員と異例の口論

ざっくり言うと

  • 7日、小松一郎内閣法制局長官が、共産党の大門実紀史議員と口論したという
  • 別の共産党議員に「政権の番犬」と批判されたことが原因だという
  • 官僚が、衆人環視の場で国会議員と口論するのは異例らしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング