写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本日3月7日20時より販売がスタートした、「ニコニコ超会議3」の『ブルートレイン「ニコニコ超会議号」ツアー』のチケットが、販売開始から約8分で完売した。

昨年は約1時間で完売となった「ニコニコ超会議号」ツアーだが、今回はなんと完売まで約8分と大幅に記録を更新。「ニコニコ動画」のニコニコインフォでも、20時10分の時点で「ブルートレイン「ニコニコ超会議号」はご好評により完売となりました」とアナウンスされ、twitterでは「10分wwwwww」「ひえええええ10分で完売、て・・・」「超会議号10分で完売って、マジかよ…」と早速驚きの声が上がっている。

ブルートレイン「ニコニコ超会議号」は、2012年の「ニコニコ超会議」、2013年の「ニコニコ超会議2」で運行され、鉄道ファンから好評を集めた鉄道企画。さまざまな寝台特急の廃止が検討されている中、今回の「ニコニコ超会議3」では再び「大阪-上野」間で24系ブルートレイン「ニコニコ超会議号」のツアーを敢行するとあり、チケットの争奪戦が予想されていた。

ツアーは今回も向谷実氏が監修。特典には、超会議の優先入場権、車内にて超会議3「鉄道縁日」にて販売される"レアもの"注文受付、途中駅でホームへ下車しての写真撮影(駅名は当日発表)の3つが用意されている。ツアーの詳細情報については特設サイトまで。