初日は1オーバー36位タイと出遅れた横峯さくら(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 初日◇7日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,473ヤード・パー72)>
 国内女子ツアーの今季初戦「ダイキンオーキッドレディス」が沖縄県の琉球ゴルフ倶楽部を舞台に開幕。昨季の賞金女王、森田理香子との同組対決が注目された横峯さくらは初日、1イーグル・3ボギーの“73”でラウンド。首位と6打差の1オーバー36位タイと出遅れてしまった。

 ラウンド後は「今日はショットは問題なかったけど、ショートゲームが悪いのが目立った」と淡々と話した横峯。琉球ゴルフ倶楽部はツアーでは珍しい高麗芝のグリーン。「チャンスが入らず、グリーンも読みきれていない」と芝目の強いグリーンに苦戦した。この日は風速が10メートル以上、気温は約15度と肌寒くタフなコンディションに。ショットは良くてもチャンスには付けにくく、そのことも影響しスコアメイクに苦戦した。
 そんな中でも見せ場はちゃんと作るのが横峯のすごいところ。11番パー5では左足下がりのライ、ピンまで約30ヤードの3打目をサンドウェッジでグリーンに落とすとそのままボールは吸い込まれるように消えチップインイーグルを奪取。キャディとハイタッチして喜んだ。
 出遅れはしたが、横峯の力ならばまだ十分に巻き返せる位置。明日はショートゲームを修正し上位を狙いにいく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、ダボ先行も巻き返し5位タイ発進!「寒い中でもスコアを出せてよかった」
横峯さくらが海外挑戦プランを明かす!「全英以外出場するつもり」
松山、「流れ良くできた」後半巻き返しイーブンパー暫定20位タイ
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
ドレスアップした女子プロも必見!「写真館」