ビールの奥深さについて熱弁する田山智広さん

写真拡大

 酒税法改正で日本にもクラフトビール文化が生まれて約20年。いまは第2次クラフトビールブーム到来と言われるが、大手メーカーによるビールへの影響は小さかった。ところが、最近は大手メーカーからも個性的なビールが登場し始めている。その代表格と言われる「グランドキリン」開発に携わった、キリンビール株式会社・商品開発研究所所長の田山智広さんに話を聞いた。

「これまでの日本のビールは多くがピルスナータイプでしたが、20年前に酒税法が改正され小規模な醸造所が増えて以降、エールやヴァイツェンなど様々なスタイルのビールが造られるようになりました。ところが、肝心の品質は玉石混淆だったので、その頃のブームで初めてクラフトビールを飲んだ人は、美味しくないものとして記憶してしまったかもしれません。でも、最近のクラフトビールはどれも本当に美味しいんですよ」

 各地に個性的なビールを扱う専門店が増え、ビールを楽しむためのイベントが一年中どこかで開催され、いずれも大盛況だ。ビール市場全体をみても、プレミアムビールのジャンルが好調だ。

「個性的なものを求める人たちが集まる傾向がありますから、専門店やイベントで飲まれているものはとても個性が強いビールです。また、日本でプレミアムビールというとアルコール度数が強めで味が濃いというイメージがありますが、ビールの世界はもっと大きなものです。その豊穣な世界の魅力をぜひ、多くの人に知っていただきたいですね。たかがビール、されどビールで奥が深い世界です」

 たとえば、ビールは凍りそうなほど冷やして「のどごし」を楽しむ飲み方に人気が集まっているが、実際にはもっと様々な味わい方がある。たとえばロンドンのパブでよく飲まれているエールタイプのビールの場合、香りを楽しむため常温で提供されている。

「キンキンに冷やすだけがビールの美味しい飲み方ではありません。香りを楽しむようなビールの場合は、あまり冷やすと香ってこなくなります。

 飲み物の香りは、グラスに鼻を近づけたときふわっと立ち上がってくる香りと、飲んだときの戻り香の2種類があります。ビールの場合は泡があるので後者の方、戻り香の方が強く感じられます。香りは温度によって変わり、量が減るので冷やしすぎは避けた方がよい。赤ワインの楽しみ方を思い浮かべてもらえるとイメージしやすいかと思います。ビールでも種類によっては、赤ワインのような楽しみ方ができるんですよ」(前出・田山さん)

 たとえば「グランドキリン・ジ・アロマ」のように香りが強いタイプのビールは、冷凍庫に入れるような冷やし過ぎた飲み方は避けてほしいそうだ。エールと同じ上面発酵酵母によりつくられているので、華やかな香りが楽しめるからだ。日本人にとって馴染みが薄いタイプのビールだが、コンビニエンスストアで気軽に買えることで、「のどごし」で味わうビールしか知らなかった人たちの手にも行き届きやすくなった。

「個性が強いだけでは一部のマニア向けになってしまう。個性が楽しめて、かつビールに期待する味覚イメージから外れすぎないように。普通のビールとは違う、でも美味しいと思ってもらえるバランスがとれたものを目指してチャレンジした結果生まれたのが『グランドキリン』でした。

『グランドキリン』が受け入れられたことで、メーカーにとってのビールの幅が少し広がったなと感じています。冷たい「のどごし」で味わう美味しさもありますが、それ以外の美味しさもビールにはふんだんにあります。ビールの楽しみ方の新しい選択がコンビニで、250円でお釣りがくる手軽さで簡単にできるのはとてもいいことだと思うんです。これからも、そういう選択肢は増やせれば増やしていきたいです」(前出・田山さん)

 ドイツ語にはビアライゼ(ビールの旅)という言葉があるそうだ。かつては専門店や、醸造所がある土地へ旅に出なければ味わえなかったビールの旅だが、「グランドキリン」のようなビールがあるおかげで、今ではコンビニ利用でも同じ気分が味わえる。今週末は、ゆったり自宅で小さな旅行気分を楽しんでみてはどうだろうか。