途中雷雨のため中断 引き上げる車はもちろんキャデラック(撮影:福田文平)

写真拡大

<WGC-キャデラック選手権 初日◇6日◇トランプナショナルドラール(7334ヤード・パー72)>
 「WGC-キャデラック選手権」がフロリダ州にあるトランプナショナルドラールで開幕。初日は途中雷雨による中断を余儀なくされたため、6選手しかホールアウトできずサスペンデッドとなった。松山英樹も最終9番の1ホールを翌日に持ち越し。現時点では4バーディ・4ボギーのイーブンパーで暫定20位タイとなっている。第1ラウンドの続きは明日8時45分から再開される。

 INから出た松山は10番でバーディを先行させるも、11番、12番と連続ボギー。さらに14番、17番と立て続けにボギーを叩き3オーバーとスコアを落として前半を終える。しかし、後半1番でバーディを奪うと、4番パー3ではバンカーからチップインバーディ。8番パー5も2オンに成功してバーディを奪ってイーブンパーにカムバックして見せた。
 暫定首位は3アンダーでホールアウトしたハリス・イングリッシュ(米国)ら5名。タイガー・ウッズ(米国)は10番を終えて2オーバー暫定47位タイとなっている。
【現時点までの暫定順位(Fはホールアウト済み)】
1位T:ハリス・イングリッシュ(-3) F
1位T:ジェイソン・ダフナー(-3)
1位T:ハンター・メイハン(-3)
1位T:フランチェスコ・モリナリ(-3)
1位T:パトリック・リード(-3)
6位T:アダム・スコット(-2)
6位T:ダスティン・ジョンソン(-2)他5名
13位T:ローリー・マキロイ(-1)他6名
20位T:松山英樹(E)他
47位T:タイガー・ウッズ(+2)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>