iPS細胞でパーキンソン病臨床へ

ざっくり言うと

  • 京大iPS研究所は6日、ヒトのiPS細胞から神経細胞を作製する手法を確立したと発表
  • パーキンソン病の治療を目指し、平成27年中に研究に入る見通しを明らかにした
  • 神経細胞を患者の脳に移植する手術を28年ごろに行う予定

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング