写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイのカード事業部が展開する「データカードダス」の新タイトル、カードクリエイトバトル『ワンピースキングス』(1プレイ100円)が、3月6日より稼働がスタートした。

『ワンピースキングス』は、新型筐体による大迫力のバトル演出や、これまでのデータカードダスのワンピースシリーズにはなかった、自分だけのカードを作る「カードクリエイション」を体験できる新タイトルとなる。出会った強敵たちはその場でカードにでき、「赤髪のシャンクス」など世界に名を轟かす大海賊を味方にすることも可能。さらにDCDワンピースシリーズ初となるアバターシステムを搭載しており、プレイヤーが『ワンピース』の世界に入ってキャラクターと共に闘いながら、手に入れたオリジナルのカードで自分だけの海賊団を結成することができる。

現在、店頭配布キャンペーンも実施しており、プロモーションカードに加え、アバター情報などを登録するための「海賊の書」をセットにして配布。第1弾は3月6日〜「モンキー・D・ルフィ&海賊の書」、そして第2弾3月23日〜には「ロロノア・ゾロ&海賊の書」が予定されている。

なお、今回の『ワンピースキングス』の稼働開始に合わせた完成記念イベントが実施され、大のワンピース好きとしても知られているタレントの南明奈、ウソップ役の山口勝平、フランキー役の矢尾一樹が登場。この模様は動画サービス「ニコニコ生放送」にて生中継されている。

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(C)BANDAI