『宝塚トレイン』3月21日から阪急宝塚本線と今津線で運行開始

写真拡大

阪急電鉄の宝塚本線と今津線において、3月21日から宝塚歌劇100周年を記念しラッピング列車『歌劇トレイン』が運行開始する。

【関連:阪急宝塚駅が「鉄腕アトム」「すみれの花咲く頃」出発メロディーに採用】

宝塚トレイン


また、同日には、宝塚歌劇団花組の芹香 斗亜さんが宝塚駅の1日駅長に就任。
宝塚市の観光大使であるリボンの騎士「サファイア」や宝塚市立手塚治虫記念館の鉄腕アトムとともに『宝塚歌劇トレイン』の出発式を行う。

運行するのは、宝塚本線(9000系/8両編成)と今津線(7000系/6両編成で各1編成ずつ。車内では宝塚歌劇の100年の歴史の中から、名作と謳われている過去の公演写真、公演ポスターを紹介するシリーズポスターや公演案内が掲出される。運行期間は12月24日まで。

宝塚トレイン