キム・ヨナ、熱愛を正式に認める…2012年からアイスホッケー選手と交際

写真拡大

フィギュアスケート選手のキム・ヨナがアイスホッケー選手のキム・ウォンジュンと2012年から交際しているというニュースが本日(6日)報じられた。これに、キム・ヨナの所属しているAT Sports側が公式立場を伝えた。熱愛報道が出てから連絡が取れなかった所属事務所が、報道の1時間後に発表した。

所属事務所側はこの日、報道資料を通じて「DisPatchが報道したキム・ヨナ選手の熱愛記事に関連して申し上げる。記事の内容はほとんど事実であり、キム・ヨナ選手は現在キム・ウォンジュン選手と交際している」と二人の熱愛を認めた。

DisPatchの報道によると、キム・ヨナとキム・ウォンジュンは同じ高麗(コリョ)大学の同門として知り合った。泰陵(テルン)選手村に入所した2012年から二人の関係が本格的に進展した。しかし、多忙なトレーニングのスケジュールで、長い時間デートを楽しむことはできなかったという。

キム・ヨナはソチ冬季五輪を控えて午前9時から午後6時までトレーニングに集中しており、キム・ウォンジュンは軍人の身分であるため自由に出かけることができなかったからだ。結局二人は1ヶ月に2回ほどデートを楽しんだ。

しかし、スキャンダルを防ぐため、知人やマネージャーと同行していた。二人はキム・ヨナの誕生日である9月5日とキム・ウォンジュンの誕生日である12月19日、12月24日のクリスマス・イブにもデートを楽しんだと知られた。

キム・ヨナは2014ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子シングルで銀メダルを受賞し、引退を宣言した。