写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●超アニメエリアには『進撃の巨人』『艦これ』『To LOVEる』などが登場ドワンゴは4日、4月26日と27日に千葉県・幕張メッセで開催される、ニコニコ動画のあらゆるカテゴリを網羅したユーザー主体の超巨大フェスイベント「ニコニコ超会議3」の発表会を東京・六本木のニコファーレで開催した。

発表会では、超会議初となるアニメエリア設置に関する情報や、自衛隊ブースの展示情報が発表されたほか、「超宇宙ブース」「超ダイオウグソクムシブース」など「ニコニコ超会議」らしい個性的なブースの詳細が明らかになった。

盛りだくさんの発表内容の中から、特に注目のポイントをピックアップして解説していこう。

まずは協賛・後援の続報。「ニコニコ超会議」は初回に約4億円の赤字を出しており、その反省をもとに昨年は協賛企業を募って、赤字を約8,000万円まで減額した。そして今回、すでに特別協賛の任天堂をはじめ多数の協賛企業が発表されているが、新たに追加協賛企業が発表となった。

「演奏してみた」ブースで協賛する「サークルKサンクス」。そして「お絵かきチャット」協賛となる「ワコム」が新規に参加。また、昨年に引き続き「ユーザー生放送」ブースの協力企業としてパナソニックが名乗りを上げており、ウェアラブルカメラとノートパソコンを20セット貸し出すという。

そのほか、EPSON、GALLERIA、acer、Blackmagicdesignが協力企業に名を連ねており、avexやMicrosoft、e-sports SQUARE、日本遊技関連事業協会が特別出展する。さらに昨年に引き続いて各政党がブースを出展。今年は「自由民主党」「民主党」「公明党」「日本共産党」「日本維新の会」「みんなの党」「結いの党」が参加する。また、総務省と文化庁、千葉県の後援も決定している。すでに発表されていた分も含めると、協賛・出展企業は全87社、後援は5団体(経済産業省・千葉市が発表済み)となった。スポンサーがつけば赤字の減額がさらに期待できるが、「その分、コストもかけているので、どうなるかわからない」(ドワンゴ取締役・夏野氏)という。

○超アニメエリアの詳細が発表

「超会議3」の目玉の一つとなるのが、今回発表された「超アニメエリア」だ。ここでは常設展示として『進撃の巨人』『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』『艦隊これくしょん -艦これ-』『メカクシティアクターズ』といったニコニコ動画でも人気のコンテンツがブースを構えるほか、『ハピネスチャージプリキュア!』や『仮面ライダー鎧武/ガイム』『超禁断生ラジオ』といった多彩なステージイベントも行われる。

『進撃の巨人』では立体機動装置の体験、『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』ではVR技術を使った主人公リトのラッキースケベ体験、『艦隊これくしょん -艦これ-』ではゲーム内に登場する提督の部屋を再現する。また、艦娘もブースに登場し、記念撮影ができる。なお、担当の伴氏のこだわりで「通常のコスプレではなかなか再現できない艤装(ぎそう)も再現します」という。

『プリキュア』や『仮面ライダー』といった子ども向けのコンテンツを充実させることから、今回の「超会議3」では未就学児の入場料を無料化する。また、インフォーメーションでのベビーカー預かり対応なども行い、ファミリー層にアピールするという。

さらに、影山ヒロノブや℃-ute、上坂すみれ、Berryz工房など豪華アーティストが出演するステージイベント「超音楽祭2014」も見逃せない。こちらは「アニメやアイドルをごっちゃにして、フェス形式で一日中歌って騒ぐ場所」(伴氏)とのことだ。……続きを読む

●発表でもっとも大きな反響があった「超宇宙ブース」○超宇宙ブースではロケットパーツをプレゼント

続いて、この日の発表でもっとも大きな反響があった「超宇宙ブース」を紹介しよう。

宇宙航空研究開発機構「JAXA」協力のもと、実際に宇宙に打ち上げられたロケットの先端部分に付属していたフェアリング部分(約5m)をブースに展示するほか、数量限定で来場者にもフェアリングの一部をプレゼントする。フェアリングとは、ロケットの最先端部に位置し、中に搭載している衛星などを、打上げ時の振動や大気中を飛行する際に生じる熱から守る部品のこと。もちろん、かなりのレアアイテムだ。それにしてもなぜJAXA……と思うかもしれないが、「ニコニコ生放送」では過去にスペースシャトルの打ち上げや探査機「はやぶさ」の公式特番を放送した経緯があり、宇宙を扱った動画は人気コンテンツのひとつだ。その意味ではそれほど意外なコラボでもないと言える。

○自衛隊ブースには「アパッチ・ロングボウ」が展示

昨年に引き続き、陸海空がそろいぶみして出展することが話題となっている「自衛隊」ブース。前回は10式戦車を展示し、安倍晋三首相や石破茂氏が訪れるなど注目を集めていた。前回以上のインパクトが求められる今年の展示はかなり難航したようだが、ついにこの日、展示内容が明らかになった。

まず、陸上自衛隊はヘリコプター「AH 64D アパッチ・ロングボウ」を展示。なんと幕張メッセの横に着陸し、そこから会場内まで運搬するという力技だ。対する海上自衛隊は「DDG-172 護衛艦 しまかぜ」の模擬演習バーチャル体験が可能な設備を用意するという。「昨年は(陸上自衛隊の)10式戦車の展示に大変悔しい思いをしたので」(海上自衛隊担当者)と気合も十分。さすがに全長150mを誇る本物は持ってこられないが、バーチャル体験を可能にしたという「謎の技術」に期待したい。また、待機列向けに艦内装備や艦長へのインタビューが見られるよう展示を行う他、海上自衛隊を象徴する料理、カレーのレシピなども公開される可能性があるということだ。

残る航空自衛隊だが、詳細はまだ決まっていない。自衛隊ブース全体としては、コスプレ体験やトークショーなどを行う予定だ。こちらも続報を待ってほしい。

○ダイオウグソクムシ復活祭

先日、「ニコニコ動画」はもちろん、ネット各所で話題になった深海生物「ダイオウグソクムシ」。残念ながら1号は先日死亡してしまったが、「ニコニコ超会議」では「超ダイオウグソクムシブース」を設置し、KDDIバックアップと新江ノ島水族館全面協力のもと、ダイオウグソクムシを輸送して展示するという。

やってくるダイオウグソクムシは2匹で、さらにオオグソクムシも100匹展示される。この他、死亡した1号を3Dプリンタで再現する「1号たん復活祭」も開催されるという。……続きを読む

●アデランスの超本気企画、超ゲームエリアにはデカスマホ登場○アデランスの超本気企画

続いては、スポンサー企業として名乗りを上げているアデランスが行う"超本気"のコスプレ支援企画だ。ひとつは、人気のオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』とコラボした特注ウィッグ制作。同作品の人気キャラ「ミコッテ」をはじめとする全種族のウィッグを本気で制作し、展示する。ミコッテに関しては、先日ニコファーレで実施したオーディションで決定した公式コンパニオンが実際に着用し、ブースに立つ予定だという。

また、モヒカンのギネス記録を超える「世界一のモヒカン」をアデランスが特注制作する企画も行われる。発表会には、現在の記録保持者の渡辺一祐さんが特別ゲストとして出演し、「44度の高熱で入院したとき、差し入れのギネスブックを読んだら、高熱のギネス記録が46度で悔しかった。ギネス記録をとりたいと思った」とモヒカンギネス記録を狙うことにした経緯を解説。現在のモヒカン(約118cm)を作るのにスタイリスト3名がヘアスプレー3缶を使って3時間かかるといったエピソードを語って笑いを誘った。

○超ゲームエリアにはデカスマホ登場

毎年人気の「超ゲームエリア」の詳細も発表会で明らかになった。今年は『ドラゴンクエストX』大会や、人気の音楽ゲームのコラボレーション、自作ゲーム体験などのほか、「超脱出ゲーム」や「超大富豪」といったアナログゲーム企画も開催。前回も大人数での人狼が盛り上がりを見せたが、今年も期待できそうだ。

そして、現代のゲームといえばスマホは外せない、ということで、超ゲームエリアには人間と同サイズのデカスマホが登場。全身でのプレイ体験ができる他、ニコニコ生放送でも人気のAppBankマックスむらい氏が出演するステージも開催される。

○フードメニューはクオリティが大幅アップ

イベントの楽しみの一つが、フードコートだ。特に「ニコニコ動画」では「料理」カテゴリから生まれた斬新なメニューが楽しめるとあって、例年あっという間に売り切れてしまう。そこで今年は、通常メニューの生産数を作品対比で150%まで増やすという。

メニューはまだ仮決まりの段階だが、この日は「ハンバーガー屋さん」のハンバーガーが実際に登場。担当者は「写真詐欺と言われないようなクオリティで出します」と胸を張る。発表会では会場から選ばれたユーザー1名が試食し、「おいしい!」とコメントした。価格は600円を目標に調整中とのことだ。

このほか、クオリティにこだわった限定メニューも用意するという。また、フードコート以外でもポップコーンワゴンが設置されるとのことで、小腹がすいたときに重宝しそうだ。

中曽根OFFで「超会議3」開幕「超会議3」自体は10:00から開場するが、初日にはオープニングセレモニー代わりに「中曽根OFF」が開催されることも決定した。中曽根OFFとは、初期のニコニコ動画で流行した大規模オフ会で、水色のTシャツを着た男性を先頭に大勢で練り歩くというもの。今回は26日の7時に集合し、10:30頃まで行われる。

地方から参加する人のためのツアーも決定した。昨年までと同様、向谷実氏プロデュースによるブルートレイン号が大阪から走る他、JRとバスを利用したツアープランもある。ツアー参加者には専用入り口が用意される特典があるため、スムーズに入場したい場合はツアーを利用するのも一つの手だろう。

○「超パーティー3」の出演者が400名超に

最後に超会議後に行われる「ニコニコ超パーティー3」だが、今回は第4弾の追加出演者が発表になった程度で、大きなサプライズはなかった。今後、第5弾発表が行われる予定で、そこで最後の追加出演者が発表となる。とはいえ、昨年の出演者は350名程度で、今年はすでに発表済みだけで400名超。例年以上にカオスかつ盛り上がるステージになりそうだ。

(山田井ユウキ)