従来の機種と比べて、消費電力量を約43%削減(写真は、「GR‐G38SXV クリアライトゴールド」)

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、インバーター制御によって、従来の機種と比べて消費電力量を約43%削減した冷凍冷蔵庫「GR‐G38SXV」(容量375リットル)を、2014年3月上旬に発売する。

インバーター制御の採用で、通常運転(「ecoモード」)時の年間消費電力量を大幅に削減。「GR‐G38SXV」の年間消費電力量は、従来の機種に比べて約43%削減した、1年あたり270kWh。また7個のセンサー検知によって、使用環境に応じたきめ細やかな制御と安定運転が可能になり、1〜2人世帯向けの301〜400リットルクラスで業界トップクラスの省エネ性能を実現した。

さらに、任意設定の「節電」機能を搭載。「節電」機能は、食品に影響のない範囲で庫内温度を調節しながら、結露防止ヒーターの制御を変更し、通常運転時より消費電力を約10%削減する。

また、「VEGETA(ベジータ)」シリーズの冷蔵庫で採用している「クリアガラスドア」を、同社の301〜400リットルのクラスに初めて採用。操作部分は、必要なメニューだけが浮き上がる静電方式の「タッチパネル」を採用して、ドアと一体化した手入れがしやすいデザインにした。3ドアの上から冷蔵室、野菜室、冷凍室と、使いやすさに配慮して、使用頻度の多い野菜室を中央に配置している。

インバーター制御を採用し、消費電力量を大幅に削減した「GR‐G38S(容量375リットル)」と「GR‐G34S(容量340リットル)」を、4月下旬に発売する。

いずれも、オープン価格。