重たく伸びるボールが打てる設計

写真拡大

ヨネックスは2014年3月中旬、VCORE Tourシリーズから、高いホールド性能と重たくバウンド後に伸びるボールが打てるテニスラケット「VCORE Tour G」を発売する。

従来比2.5倍高密度のマイクロコア

高変位・高強度を特徴とした「ネオ CS カーボンナノチューブ」をシャフト部に搭載することでラケットが粘り強くしなり、重いスピードボールを打つことができる。マイクロコアは従来に比べ2.5倍高密度のコア材で、高い剛性・振動減衰性が特徴。フレームトップの左右角部に搭載することで、フレームトップの比重を高くし、面安定性とパワー、振動の少ないクリアな打球感を実現した。大きなパワーをボールに伝えることで強力なスピンが生まれる。

また、縦横のストリングの長さを均等に近づけることでストリングの有効可動域を広げ、結果として、スウィートエリアは一般的な円形フレームと比べ7%広くなっている。

価格は3万円(税抜き)。