ディープな佐賀を知る!ヒカリエで「d design travel 佐賀」発売記念展

写真拡大

佐賀の、自然豊かな風土と独特のデザイン性を特集したトラベルガイド「d design travel 佐賀」。その発売を記念して、佐賀県の魅力を紹介する展覧会「d design travel SAGA EXHIBITION(ディ デザイントラベル サガ エキシビジョン)」が、2月6日(木)から3月23日(日)まで渋谷ヒカリエのd47 MUSEUMで開催中。

2カ月に及ぶ長期の現地取材を経て、その土地の個性をデザインの視点から発掘する、というこだわりのトラベルガイドが、展覧会によって立体的に体験できるこのイベント。編集部が徹底取材した「場所」「人」「もの」が持つ魅力をありのままに伝えるため、現地で実際に使用されていた道具などを特別に貸し出してもらって展示しているそう!

たとえば有田町の「佐賀県立九州陶磁文化館」からは陶磁器でできたスツールが、鳥栖市の「中冨記念くすり博物館」からは調薬道具が、そっくりそのまま会場に。誌面から飛び出したような展示品の数々と対面することで、編集部が見て聞いて歩いて集めた、リアルな佐賀県の「現在」を感じられるはず!

会場内には取材を通して出会った佐賀の工芸品や特産品を販売する、期間限定のストアもオープン。お茶碗やそば猪口、急須などの陶磁器のほかに、海苔や羊羹など、佐賀県のロングライフデザイン(長く愛され続けるデザイン)と特産品の魅力を知るチャンス。

「47都道府県のデザインミュージアム『d47 MUSEUM』。今回は、デザインという切り口で佐賀への旅を提案しています。併設するd47食堂では、期間限定で佐賀定食も登場しますので、見て、買って、食べて、佐賀の個性を立体的に感じることができます。佐賀県に旅をするきっかけになれば、嬉しいです」と、広報担当の甲野藤さん。

九州旅行の予定がある人もない人も、旅する前のリアルな予習におすすめ!