中国の大人気漫画家NAVAR、別冊少年マガジンで連載

写真拡大

講談社は中国の大人気漫画家、NAVAR(ナヴァール)の近未来サスペンス『CARRIER:キャリアー』を3月8日発売の「別冊少年マガジン」4月号から連載開始すると発表した。

さらに、中国漫画界の若き才能、核燃黒猫(かくねんくろねこ)の熱血ファンタジー『魔王全書:まおうぜんしょ』も3月4日発売の「少年ライバル」に掲載する。

【関連:アニメ模倣し10歳男児が友達2人を火あぶり】

CARRIER:キャリアー


両作品は講談社が中国で展開している「勁漫画(ジンマンファ)」の掲載作品で、日本の漫画編集者もその実力を認めているという。

NAVAR(ナヴァール)は、女性2人組ユニット。中国同人誌界で絶大な人気を誇りその才能に注目した日本人編集者がスカウト。2012年5月から「勁漫画」で『CARRIER:キャリアー』を連載中。近未来、人間と異能者が共存する社会を舞台にしたサスペンス。高い画力に加え幅広い表現、奥行きのあるストーリーテリングが魅力。

NAVAR(ナヴァール)NAVAR(ナヴァール)

核燃黒猫(かくねんくろねこ)はネット中心に人気を集め現在中国の各漫画誌からオファーが舞い込む人気の新人作家。『魔王全書:まおうぜんしょ』は楽しいリズム感、熱いセリフによるスケール感溢れる「本格少年マンガ」。

核燃黒猫(かくねんくろねこ)核燃黒猫(かくねんくろねこ)