フィギュアスケートのグランプリシリーズ、第6戦「NHK杯」から。

写真は、フリースケーティング演技直後の羽生結弦。地元の大声援を感じて、笑顔がこぼれた。

17歳・羽生は、2位の高橋大輔に10点近くの差をつけて優勝。来月、ロシアのソチで行われるグランプリファイナル進出も決めた。

そのグランプリファイナルは、出場枠6人中4人を日本選手(小塚崇彦、町田樹、羽生結弦、高橋大輔)が占めることに。羽生は「アウェーな雰囲気ではなく、落ちついて出来る」と思いを口にしていた。

上位選手の得点は、以下のとおり。

1位:羽生結弦(日本) 261.03点
2位:高橋大輔(日本) 251.51点
3位:ロス・マイナー(米国) 235.37点
4位:ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 232.78点
5位:リチャード・ドーンブッシュ(米国) 217.56点

(photo by Tsutomu Kishimoto/PICSPORT)

[2012年11月24日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ]PICSPORT

羽生、ベガルタに激励メッセージ

ざっくり言うと

  • 仙台で行われたベガルタ仙台対アルビレックス新潟のJ1リーグ開幕戦
  • ハーフタイムにソチ五輪金メダリスト・羽生結弦からのメッセージが届いたという
  • 羽生はユアテックスタジアム周辺に実家があることで知られている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング