シャチを見ながら食事ができるレストランも!鴨川シーワールド

写真拡大

水族館でシャチが見られるというだけでもちょっとテンションが上がるのに、その姿を見ながら食事ができるレストランがあれば・・・気分はハイテンション! 鴨川シーワールドは、「イベントプラザ」と、日本で唯一シャチを見ながら食事ができるレストラン「オーシャン」を全面改装して、3月1日(土)にリニューアルオープン。

これまでも、生きたサンゴを展示してサンゴ礁の保全を訴えてきた「イベントプラザ」。今回は「サンゴ礁の願い Coral Message(コーラル メッセージ)」としてリニューアルされ、6本の円柱水槽に色とりどりのサンゴ礁やクマノミなどを配し、さらに最先端の3D・CG映像を用いた参加型の巨大水槽も登場! ここでは、専用タブレットに描き込んだ魚が、幅8mのスクリーンに映し出されて自由に泳ぎだすとか。リアルな海の生態系をデジタルの世界で再現するこの試みは、国内の水族館や動物園では初の取り組み! 子供から大人まで、サンゴの多様性と保全の重要性に関心を持てるような空間に。

また、シャチの見られるレストラン「オーシャン」は、カフェテリア方式からフードコートとレストランの2ゾーンで展開。砂浜をイメージした明るいエリア「BEACH(ビーチ)」と、水中をテーマにした空間演出の「UNDERWATER(アンダーウォーター)」がフードコート形式。その奥には、洞窟をイメージした高級感のあるダイニングゾーンとして「the CAVE(ケイブ)」が。

「レストランオーシャンは、海をイメージした内装や雰囲気のみならず、提供される料理もほかの水族館に類を見ない味と雰囲気を備えています。ふと、窓の向こうに視線を移せば、親子で悠々と泳ぐシャチの姿が・・・。絶対にほかにはない、とびきりのレストランです!」と広報担当者さん。

国内初の巨大デジタル水槽と、日本で唯一のレストランが待っている、春の房総へぜひ足を運んでみて!