ジェイアール東日本企画など、マレーシアでデジタルサイネージ事業展開へ

写真拡大

 ジェイアール東日本企画とケシオンは、マレーシアにおけるデジタルサイネージ事業を共同で展開する。

 ジェイアール東日本企画とケシオンは、消費市場として拡大を続け、日系企業のみならず世界各国の企業の進出が加速しているASEAN市場への参入を推進すべく、2014年4月(予定)よりマレーシアにてデジタルサイネージ事業を共同展開する。本事業を推進するにあたり、両社は共同出資により有限責任事業組合を設立する。

 第一弾として、ASEAN地域や中国で成長を続けるイオングループのイオンマレーシアが運営するSC4店舗に、デジタルサイネージを30台設置する予定。デジタルサイネージの広告枠は、KESION MALAYSIA SDN.BHD.に販売委託する。広告主は日本企業やマレーシア企業等を想定している。