現地時間2月27日から開催されている米ツアーのホンダ・クラシック(パー70/フロリダ州)に、松山英樹と石川遼が出場したが、松山は2日目にもともと痛めていた左手に違和感を覚えて棄権。石川は初日に「76」を叩いて出遅れると、それが響いて予選落ちを喫した。

 2日目のスタート前、松山は練習レンジに向かったが、左手首や二の腕にもテーピングを巻いてフルスイングできない様子だった。結局、30分ほどボールを打って、棄権を決めた。

「(左手の)状態については、語ることはないです。来週に向けて棄権することにしました」

 そうコメントを残した松山は早々にコースをあとにした。

 一方、ウエイストマネジメント(1月30日〜2月2日)、ノーザントラスト(2月13日〜16日)と、予選落ちが続いている石川。出場資格を得られなかった前週のアクセンチュアマッチプレー選手権が開催されている間は、ここのところ不安定だったスイングの調整に専念し、かなりの練習量をこなしてきた。おかげで、練習ラウンドでは満足できるようなプレイができたようで、明るい表情を見せていた。

「ここ2試合の結果は悪いけれども、今の状態はすごくいい」

 しかし大会本番を迎えると、再び課題のスイングが乱れた。初日は池に4回も落とすなどして、6オーバー140位タイと振るわなかった。

「練習ではできているスイングが試合でできない。自分で信用できるスイングが作りきれていない。結局、真っ直ぐ打てたと思ったボールが曲がったり、曲がったかなと思ったボールが真っ直ぐいったりしていた。リビエラ(ノーザントラスト)での試合が終わって、そのあとの1週間ですごくいい練習ができたので、いい手応えをつかめたと思っていたんですが......。ミスを怖がって、ボールを当てにいってしまった」

 そして2日目、初日よりもショットは安定していたが、5バーディー、5ボギーのイーブンパー。スコアを伸ばせず、通算6オーバー126位タイで3試合連続の予選落ちとなった。

「難しくないホールでボギーを叩いたのが痛かった。スイングの調子は初日より良かった。いい手応えも感じられました。(池越えの難しい)15番、17番のショートホールでも、締まりのあるいいスイングができていた。18番でもドライバーでいいショットが打てて、バーディーで上がれた。初日にはできなかったことが2日目にはできた、ということはよくなっている証拠だと思う」

 そう前向きに語った石川だが、まだ完全に自信をつかんだ様子はないようで、昨年からの成長を問われると、石川は一瞬沈黙。苦しい胸の内を吐露した。

「今の時点では、大した成長はない。特に今日、昨日の内容では、まったく成長したとは思えない。本来、試合中にスイングのことをあれこれ考えないことが理想。でも、今はいいスイングに戻すために、試合中でもスイングのことを考えて、そこに重点を置いてしまっている。そのため、ここに球を運ぶんだ、というマネジメントがおろそかになっている。本当はいいスイングを作って、自分が思うようなところに無意識にボールを運んでいけるようにならなければいけない。正直、昨日とか今日は、まったくゴルフじゃないです。自分でゴルフをしているっていう感じがしない」

 米ツアー2年目の今季、すでに優勝争いを経験するなど、飛躍が期待される石川だが、現状はかなり厳しい状態にある。

「こういう時期もある、と今は思うしかない。自分がやっていることには疑問は感じてないので、『そのうちよくなるだろう』って、あまり気にしないでやれればいいな、と思う。結果は悪いけれども、その理由はわかっているし、やるべきことをやって、練習でやってきたことが試合で出せるようにしたい」

 米ツアー1年目の昨季は、レギュラーツアー中のシード権獲得はならなかった。それでも石川は、入れ替え戦を勝ち抜いて這い上がってきた。その"自負"と、今季はほぼシード権獲得を確実にしたことによる"自信"が、石川にはある。プレイする姿からも、昨季とは違う"たくましさ"が感じられる。何かきっかけをつかめば、すぐにでも浮上できるはずだ。

 次週は、WGCキャデラック選手権の"裏開催"となるプエルトリコオープンに挑む。2年前に2位となった舞台が、その"きっかけ"になるかもしれない。

武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko
text by Sportiva